Infinity

療法について       

表現アートセラピーとは

提唱者はカール・ロジャースの娘、ナタリー・ロジャースで、パーソナルセンタードをベースとし、絵を描いたり、コラージュ(貼り絵)をしたり、体を動かたり、文章・楽器・粘土などを使って今感じている感覚を表現する療法です。絵を分析したり解釈するものとは異なります。

使いたい色のクレヨンやパステルで線や点を描く。気になる写真を切り取って貼る。心から出てきた言葉を書き綴る。なんとなく体を動かしてみる。楽器を好きなように叩いて音を出してみる。声を出してみる。粘土を持って手のひらが教えてくれる形に握ってみる。作品を創ってみる。そしてみんなと分かちあう。

上手く出来る、出来ないは問題ではなく、今表現出来る事、したい事を子供の頃遊んだ時のように自由に表現します。そんな事をしていると自然と思考が外れ潜在意識が開かれていきます。感じたことを表現(具現化)することで、自分の潜在意識からのメッセージが見えてきます。それは思考を通さない本当の感覚ですから一切嘘はつけません。表現者のエネルギーそのものが今、この瞬間に切り出されます。

その自分の感覚を表現すると、今の自分の状態が客観的に見ることが出来、心が解れ癒しが起こります。そして、今の自分を見つめる事で新たな気付きへと変わります。 人間は自己回復力を持っています。頭で考えてグルグルと迷路に入り込むより、五感を使い人間が持っている自己の回復力を活性化し、自分本来の姿に向かっていきます。

ゲシュタルト療法とは

アメリカの精神分析医 フリッツ・パールズが提唱した心理療法です。
言葉や解釈のセラピーではなく、経験から「今ここ」で気づき(自覚)を得る療法です。

なぜ、「今ここ」の気付きなのか・・。人間は有機体で自己回復・自己成長する事が出来ます。ですから、問題があった場合は自分で自分が一番望む解決方法が見つけれるはずなのです。しかし、私たちは思い込みや過去の経験で思考ばかりを動かし本来持っている回復する力を発揮できずにいます。

ゲシュタルト療法では、その力を発揮するために自分を3つの自覚の領域に分けて見ていきます。 内部領域の気付き(自分の内側で起こっている事)・ 外部領域の気付き(外の世界で起こっている事)・ 中間領域の気付き(思考の世界) この状態を一つ一つ丁寧に見ていくことで、自分の中で何が起こっているかに気付いていきます。

感情にゆっくり触れたり、体がどのように反応しているかを観察したり、本来の自分を生きる事ができない神経症を探ってみたり。神経症とは「投影」「鵜呑み」「反転行為」「無境界」「話題転換」があります。 そして、状態に気付くと自然と次のプロセスへと変化していきます。

ファシリテーターはクライエントが十分に自分自身を経験出来るよう多くの手法を用いて「今ここ」(自覚)を促し、気付きをサポートをします。  

レインドロップヒーリングとは

レインドロップヒーリングとはネイティブインディアンのラコタ族がエネルギーを高めるためにオーロラのエネルギーを背骨に流し、心身を癒したやり方にヒントを得たアメリカのゲイリーヤング自然療法学博士が考案した施術方法です。

背骨に直接精油を垂らし、優しく羽のようにストロークをしていき背骨に精油を浸透させていくメディカルアロマテラピートリートメントです。アメリカでは多くの医療従事者が医療現場に導入して坐骨神経症・脊椎側弯症・慢性的な背骨の痛みなどに効果的と高く評価されています。

レインドロップの効果としては、感情のブロックは肉体・骨・内蔵に溜め込まれると言われているため、施術を行うことで滞った感情を流し浄化して、心身のバランスを整え本来の持っている回復力を呼び覚ましていきます。また、リンパに溜まっているウィルス等の菌類を浄化し、排出する効果ももたらされています。

レインドロップ後の効果は1週間から10日程度継続すると言われ、その間に骨格の修正や老廃物の排出が行われます。 無意識からの滞りを10種類ほどの精油の力を借りて身体にアプローチをしていきます。

催眠療法(ヒプノセラピー)とは

TVで催眠術に掛かって自分が分からなくなる…、そんな怖いイメージを持たれている方が多いかもしれません。催眠療法とはそのようなものではありません。

催眠療法は人が気付いている顕在意識と、普段は意識に上がっていない潜在意識の扉の鍵を緩めて潜在意識(無意識)にアクセスする心理療法です。人間が自覚している顕在意識はわずか7%と言われています。約93%が潜在意識で自分の行動は自分では自覚していない記憶の影響を受けています。セラピストはクライエントを催眠状態に誘導し、問題となっている原因を引き出すお手伝いをします。

手法としては、退行催眠・暗示催眠・イメージ催眠があります。

退行催眠では、前世療法や年齢退行、未来世療法などがあります。前世の記憶はエネルギー(アストラル体)にあり潜在意識に蓄積されています。今に影響を与えている前世の記憶を思い出すだけで癒しと解放が起こると言われています。また、年齢退行ではインナーチャイルドの傷を癒す事を行います。 暗示催眠では、意識に暗示をかけて擦り込みを行い、潜在意識まで届かせ行動の改善を行うことをします。 イメージ催眠では、イメージはエネルギーの変換を行う効果が大きく、実際に行っていなくても、潜在意識に働きかけることで今持っている潜在意識により効果的な気付きや行動改善が行えます。