Infinity

療法について       

ゲシュタルト療法とは

アメリカの精神分析医 フリッツ・パールズが提唱した心理療法です。
言葉や解釈のセラピーではなく、経験から「今ここ」で気づき(自覚)を得る療法です。

なぜ、「今ここ」の気付きなのか・・。人間は有機体で自己回復・自己成長する事が出来ます。ですから、問題があった場合は自分で自分が一番望む解決方法が見つけれるはずなのです。しかし、私たちは思い込みや過去の経験で思考ばかりを動かし本来持っている回復する力を発揮できずにいます。

ゲシュタルト療法では、その力を発揮するために自分を3つの自覚の領域に分けて見ていきます。 内部領域の気付き(自分の内側で起こっている事)・ 外部領域の気付き(外の世界で起こっている事)・ 中間領域の気付き(思考の世界) この状態を一つ一つ丁寧に見ていくことで、自分の中で何が起こっているかに気付いていきます。

感情にゆっくり触れたり、体がどのように反応しているかを観察したり、本来の自分を生きる事ができない神経症を探ってみたり。神経症とは「投影」「鵜呑み」「反転行為」「無境界」「話題転換」があります。 そして、状態に気付くと自然と次のプロセスへと変化していきます。

ファシリテーターはクライエントが十分に自分自身を経験出来るよう多くの手法を用いて「今ここ」(自覚)を促し、気付きをサポートをします。  

表現アートセラピーとは

提唱者はカール・ロジャースの娘、ナタリー・ロジャースで、パーソナルセンタードをベースとし、絵を描いたり、コラージュ(貼り絵)をしたり、体を動かたり、文章・楽器・粘土などを使って今感じている感覚を表現する療法です。絵を分析したり解釈するものとは異なります。

使いたい色のクレヨンやパステルで線や点を描く。気になる写真を切り取って貼る。心から出てきた言葉を書き綴る。なんとなく体を動かしてみる。楽器を好きなように叩いて音を出してみる。声を出してみる。粘土を持って手のひらが教えてくれる形に握ってみる。作品を創ってみる。そしてみんなと分かちあう。

上手く出来る、出来ないは問題ではなく、今表現出来る事、したい事を子供の頃遊んだ時のように自由に表現します。そんな事をしていると自然と思考が外れ潜在意識が開かれていきます。感じたことを表現(具現化)することで、自分の潜在意識からのメッセージが見えてきます。それは思考を通さない本当の感覚ですから一切嘘はつけません。表現者のエネルギーそのものが今、この瞬間に切り出されます。

その自分の感覚を表現すると、今の自分の状態が客観的に見ることが出来、心が解れ癒しが起こります。そして、今の自分を見つめる事で新たな気付きへと変わります。 人間は自己回復力を持っています。頭で考えてグルグルと迷路に入り込むより、五感を使い人間が持っている自己の回復力を活性化し、自分本来の姿に向かっていきます。