上谷和美

ネイティブインディアンのスエットロッジに入りました

先日、スエットロッジに入ってきました。
スエットロッジとはネイティブインディアンの儀式です。

そのワークショップに行って感じた事を色々と書いていこうと思います。

まず、私は友人の紹介でスエットロッジの意味も知らず入る事を決めたのですが、当日会場で「祈りの儀式」だと説明をと聞いて、既に祈ることに意味を持たなくなっている私は違和感を感じていました。

そこで、そのリーダーである松木正さんに単刀直入にこんな事を伝えたのです。

「 祈ることは欲求を満たすための行為で、エゴの強化になる。それは必要のないことだと私は考えている」

なんて、言ってしまいました。
松木さんからの答えはこうでした。

「祈る事とは、今にいる事。今にいると自分に気づくことが出来る。」

なるほど。「祈ることは今にいる事」なのか…。
それを聞いたらスエットロッジに入る意欲が湧いてきました。

「今にいる」と言うことは私にとって、まさに旬の課題で「今にいる」事で自分を見つめ、自分を知り変化が起きます。
それが全てだと言ってもいいぐらいのことです。
それを聞いて、この体験もプロセスとして起こっているのだ感じるようになっていました。

スエットロッジには深夜11:00頃から入ります。
夜7時に石を熱する為に石を積んで薪に火を付け燃やしていきます。
深夜11時にスエットロッジの中に総勢13名の男女が殆ど水着のような格好で入ります。

スエットの中はとても狭くみんなで小さくなって膝を抱えて座り込んでる感じです。
その中央に熱々に熱した石を入れてスエットの中を蒸し風呂状態にしていきます。

インディアンはスエットを子宮の中と考えているらしく、中に入ると産まれる前の安心の世界でスエットから出てくると現実の日々の生活にいる状態だと説明がありました。
だからスエットに一緒に入ったメンバーは一緒に生まれ変わる仲間だそうです。
新しい家族が出来るというインディアンの考えなのです。

私からすれば子宮というスエットの中はリアリティーの世界で、スエットの外は幻想の自分がいると思い込んでいる世界なのですが。

ともかく、スエットロッジの中に入って膝を寄せ合って座り込みます。

熱した石が入ります一気に中が熱くなり汗が吹き出してきます。入り口を閉めると真っ暗で何も見えなくなります。隣の人も自分の手さえも。

暗闇の中であるのは、インディアンドラムの太鼓の音と全員で歌う祈りの唄。その時間が続き途中では、一人一人が自分の祈りを伝えたりします。

その時間は朝4時まで続きます。途中途中でテントの入り口が開いて飲み水が柄杓で回されて来たり、熱した石が追加されたり、あとは熱さに耐えれなくなった人が外気を吸いに出て行ったりしています。

その中にいて、私は何か冷静に様子を見ている自分がいました。
とてつもない熱さと溢れ出す汗、スエットの中で起こっている人の熱さと戦っている声や祈りの声や、避難しようとする人の様子など外側で起こっている事を眺め、そして自分の内側で起こっている事を眺め、熱さを感じている身体を感じ、水が喉を通る気持ち良さを感じ、汗が流れている腕を感じ。全てを同時に観ている感じだったのです。

皮膚から内側のこと、外側の様子、皮膚で感じていること、全てを感じ取っている感覚。

これを観ながら、「今ここに居る」感覚を体感で掴んでいたように感じます。
それを感じていた時、宇宙と真っ直ぐに繋がっているような、頭の上の扉が開かれているような感じになっていました。

スエットの真っ暗闇の中で起こってあることが、ただそのまま生活の場でも起こっているんだなぁと腑に落ちていたのです。そしてワタシとはスエットの中全体がワタシなのです。

熱さの中で何も思考できないお陰で、ただそこにいる事が出来たように思います。
内も外も感覚もすべて今、同時に感じていく感覚。それが「今にもいる」でした。

スエットから出てきた時は私は清々しく感覚の全てが一つになっている感じでした。

スエットに入った人達の意見は様々です。
熱さをひたすら耐えた人。暗闇が怖くてパニックになりかけていたと言ってた人。祈る事を一生懸命にやって答えを待っていた人。そこにいる人達のプロセスでそれぞれの何かを掴んでいます。
その人のプロセスによって、こんなにも感じ方が違うのも面白い体験でした。
それも全て、宇宙のプロセスだと思って観ていました。
スエットロッジから出て、暫くは体験した事が言葉ではまとまらず、言葉で意味付けせず体験した感覚だけを体の中に温めている感じでした。

ふと、言葉が降りてきました。
「何者にもなる必要は無い」

何処かで、何者かになりたいと願う自分がいて、その自分が「夢を叶えるための祈り」という言葉に抵抗をしていたのでしょう。
自分のエゴを見透かされたような言葉でした。

今にいるとは、何者にもならず、そこを「体験するだけの者」 になっているんでしょうね。

私はネイティブインディアンや祈りには関心は無いけど、「今ここ」や自分の中にある宇宙を感じるためのツールとしては面白い体験だったと思います。

朝が来て、霜が降りたスエットロッジと草木は朝日に照らされ空も澄んで気持ちのいい朝でした。

その体験も宇宙の流れの一つとして有機体の私が経験するプロセスだったんだなぁと幻想の中にいる私を味わいながら青空を眺めてみました。

 

★★★ワークショップのご案内★★★

各種ワークショップを開催しています。

スケジュールはインフィニティーHPに記載していますので、ご覧下さい。

12/3 『誰でも出来るゲシュタルト』ワークショップご案内

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

オープンスペースでゲシュタルトワークを定期開催します

ゲシュタルトが初めての方でも気軽に体験ができます。
そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの萩原久子さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

【詳細】

■日程:2017年12月3日(日)
■ワーク時間 ;10:00-15:30
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
ご注意;ファシリテータ希望が多い場合は、お一人一日1ワークだけのご提供になります。ご了承ください。

『はばたき21』ワーク参加者さんのお声

3回のワーク、楽しかったです。

(プライベートな内容のため中略)

今日「ジョハリの窓」のワークで、楽しく絵を描いたり写真を切り張りしたりの活動で自分を見つめることができ、「頑張らなくていいんだ」ということに気づきました。

帰りの電車の中では、「頑張りたくないし、家で寝ていようかな」などと考えていました。
(中略)

でも、帰宅して子供の顔を見ると、今日最後に、粘土で子供を作るワークをしたことを思い出しました。
そして「私は子供を二人も産んだんだから、何も怖いことなんてないんだ」と感じました。
(中略)

言葉以外の方法で自分を表現することで、こんなに自分自身の深い部分を見つめることができ、元気になれるんだと気づきました。

新しいことに挑戦する勇気が出てきて、とても嬉しかったです。

また、短い期間でしたが、他の参加者の方々とは、長い知り合いだったような気がしました。
きっとお互いの内面に、触れることができたからなのでしょうね。

またこのような機会がありましたら、参加したいと思います。

どうもありがとうございました。

シフトへの扉

前回ストーリーから抜け出す話を書きました。

以前は、”悟り” や ”目覚め” はゴールの向こう側にあり、そこに達するために自己を磨き自己の傷を癒し自分が抱えている問題を手放した先に輝かしい世界が待っているのだと思っていました。

玉ねぎの皮むきのように一枚一枚剥いていき、いつかは心安らぐ自分になると思っていました。

いつになったら、そこに辿り着けるのか・・・。私はあとどれぐらい掛かるのか・・・。

 

しかし、先日ぼーっと歩いていたら浮かんできたのです。

その望んでいたゴールは無いし目指すものも無いのだと。

そう旅もなければ道もないのです。

私の求めていたものは、私の隣にあったのです。それは隣に扉がある感じ。

ストーリーの終わりとは、その扉をただ開くだけでした。扉はいつでも自分で開くことが出来ます。

そう扉の鍵は『安心する』『リラックスする』『寛ぐ』『信頼する』それだけでした。

だから玉ねぎの皮剥きは必要なく、玉ねぎすら実は無かったのです。

玉ねぎと思っていたのは思考が玉ねぎを作っていただけだから。

 

その扉は私の隣にいつでもあって、いつでも開けて旅を終わらせることが出来ます。

しかし、その『安心する・寛ぐ・委ねる』プロセスが何とも難しいこと・・・。

分かっていても出来ない小さな私がいて、”理解” と ”可能にすること” の狭間に挟まれてもがいている私がいます。

 

ストーリーの終わり、目覚め、シフトとは宇宙の流れにお任せすることだったのですが、完全に出来ない私も今ここに居ます。

時には扉を開けて委ねていたり、時には不安になって幻想の世界をコントロールしようとしたりしています。

今は、そんな不安な自分も受け入れそれすらも宇宙の流れの一つなのだと見ています。

全ての答えは「今に寛ぐ」でした。

 

 

 

10/8 『身体と繋がって自分で身体を癒す』in 大阪

上手く生きるのではなく、どう心地よく生きるか
◆今回のテーマは『身体と繋がって身体を自分で癒す』◆

表現アートセラピーワークショップ in 大阪で開催!
2017年10月8日(日)10:00~16:30

自分の身体の痛みや体調不良が体からのメッセージだとしたら、どのように受け取っていますか。

身体は肉体だけではなくエネルギー体と一緒に存在しています。

自分のエネルギーと波長を合わせ自分で自分の身体を癒していきましょう。

自分の身体に優しくなる時間です。


場所:大阪市東淀川区 『タマキ』https://www.instabase.jp/rooms/tamaki-dojo/space/1312

定員:8名
料金:5,000 円
———————————————-

→申込・お問い合わせ

 

なぁ~ツ祭 in 神戸 ワークショップ参加

アーツでかわるアーツでかえる2017

なぁ~ツ祭  in  神戸

主催    タッチアーツ プロジェクト

 

ワークショップ参加します!

 

◾テーマ  『問題に向き合うイメージワーク』

◾日時:2017年8月5日 (土) 14:20~15:40

◾場所:デザインクリエーティブセンター神戸

◾参加費:2000円

 

他にもたくさんのワークを開催してますよ。

短いワークですがご興味のある方はご参加くださいね。

詳しくはこちらのHPもチェックしてくださいね。

https://artsdekaeru.jimdo.com

 

 

ストーリーから逃避のストーリー

GWの休暇はニューカレドニア(NC)に行ってきました。NCは大好きな場所で今回で3度目の訪問です。

NCは海の色が綺麗で太陽の光も豊です。木々や芝生の緑も多く、そして色んな鳥が多くいつも鳥の鳴き声がしています。町の人たちはみんな笑顔でフレンドリーですし、ゆったりとした時間を使っています。日本で味わえない時間の豊かさや人の豊かさをこの土地では感じるのです。

NCの人たちは歩き方も暮らし方も一切急いではなく、笑顔で会話を楽しみ自分のスタイルを大切にしているように感じます。日本の暮らし方とは全く違う時間を使い方をしています。その暮らしが私には羨ましく日本から脱出して身体と心をリラックスさせたいのです。

だから、私の旅の目的は”何も予定を作らずその日の気分で一日を過ごすこと”。

朝、鳥のさえずりの声で目を覚まし、海を眺めながらベランダでのんびりとコーヒーを飲んで、今日は何をしたいかを自分に聞いて一日がスタートします。

朝市に行ってその日に食べたい食材を買い出し、ぶらぶら散歩をしてお昼寝をする。そしてまた海を見に散歩に出掛ける。夕方は夕日を見にまた海へ。 とても贅沢な時間・・・。

NCの鳥の声を聴き、波の音を聴き、木々や芝生の緑や海のエメラルドグリーンの色を見て、空の青さや広さを感じ、空気を肌で感じ風が触れる。その一つ一つを感じていると心が開いていくのを感じます。

安心して『今』に居ることが出来て無防備になっている自分を感じます。

いつもの生活は「しなければならないこと」に追われて、いつも先の事ばかり考え『今』にいることが出来ません。

心がとても狭くなっていて、生活に追われている感じがしています。

何がそれほどまでに違うのだろうか・・と考えるのです。何故日々の生活ではこのように豊かな気持ちにはなれないのか。

景色が違う? 空気が違う? 太陽が違う? 暮らし方が違う? 分からない・・・。

 

でも分かることは、日々の暮らしでは自分を守るように常に先手先手を考えて「しなければならない」ことを沢山作っている事です。

それはきっとまだ私が流れを信じ切っていないからなのでしょうね。

上手く生きれるように人生をコントロールしているつもりなのだと思います。コントロールできないと知りながら、今に対処してコントロールしているように動いています。恐れから・・。

そのことを此所に居て感じさせられました。

場所や状況を自分で変えて安心や心地良さを作るのではなく、ストーリーから離れて本当の心地良さや自由を見つけ出す。  そんな方法を非二元の知識ではなく、自己からの目覚めとして経験をすることが出来たらいいのに・・と、またエゴが欲求してる自分に気づいていきます。

全てありのままの自分を見て気づいて許して眺めて、ストーリーの中と知りながらストーリーをどのように生きるかを見つけていく。

全てがストーリーで、どのストーリーを選択しているかと云う事なのでしょうね。

ストーリーと知ってストーリーを生きる。私はこれから、どのストーリーを創造していくのだろうか。

そんなことを考えながら海を見て過ごしていた休暇でした。

「心の中のごみ箱」参加者様からのお声

貴重なワークショップの体験ありがとうございました。

自分からあんなにおどろおどろしい表現のイラストや造形が出て来てびっくりしたこと。
自分の辛い感情を引き出し、それを客観的にみること。
一緒に参加した方達の感情を見て、それに共感して涙したり。

大の大人が泣く姿を見る機会って、なかなかないです。
幾つになっても、悲しい気持ちが心の中にあると、
それを引き金に悲しくなって苦しくなって涙が出てしまうという体験を間近でみることができ、
また自分も体験し、とても不思議な気持ちになりました。

最後に自分が描いた絵が、
自分の中にいるもう一人の自分が
少しだけ救われたような気持ちにもなりました。

またワークショップを受けてみたいと思っています。

ありがとうございました!!

30代女性

表現アートセラピーの魅力

『表現アートセラピー』って知っていますか?

あまり聞きなれないセラピーだと思います。 描いた絵を分析するの?って思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。

表現アートセラピーとは、そのように分析したり解釈したりするものではありません。

提唱者は有名な心理学者 カール・ロジャース氏の娘ナタリー・ロジャースで、父親から譲り受けたパーソナルセンタードをベースとしたものになっています。ですから、表現アートセラピーとは人間性心理学に基づき表現されたものは分析を行うことをせず、表現者の内的気づきや成長を目的としたものになっています。

表現方法は 絵を描く・音を出す・体を動かす・文字で書く・粘土で作る・創作する、そして分かち合うという事をします。

表現の上手い下手は一切関係ありません。子供が落書きをするように感じたままを手を通して描く、創る、身体を動かす、、そんな事をしていると自然と思考から外れて潜在意識が開かれていきます。それは、本当の自分が感じるままに表現した何かが生まれるのです。

私は他のカウンセリング療法もやっていますが、表現アートセラピーの好きなのは、この「言葉」ではない自分の内側から湧いてくる感覚をただ表現できるところにあります。

表現アートセラピーの魅力

DSC_1137

 

それは思考を通さない本当の感覚ですから一切嘘はつけません。その表現されたものは、表現者のエネルギーそのものなのです。

表現アートセラピーは自分の内側にあるものに、ゆっくり丁寧に触れ表現することで具現化さて今の瞬間の自分に出逢えます。

思考の枠を超えているから、表現した自分の作品から新たな発見が見えたりします。

そして、その発見はいつも、その人の必要なタイミングで必要なメッセージが見えてきます。

客観的に自分の内側を見ることで自分に何が起こっているのか知り、自分のペースでゆっくりと自分と会話することが出来るのです。

そして、答えはいつも自分の心の中にあります。そう、自分が全部教えてくれるのです。

自分を表現してみませんか? それは歩くように動く事だったり、一本の線を描くようなことだったりします。

 その表現の中に今の瞬間のあなたの気づきがあります。

その気づきは、あなた自身へのギフトです。

 

表現アートセラピーワークを体験して是非、そんなご自分で出逢ってみて下さい。

4/22(土)愛知・長久手市 ワークショップのお知らせ

身体が教えてくれること

表現アートセラピーワークショップ in 愛知・長久手市 整体院 「綾庵」
2017年4月22日(土)11:00 ~17:00

体調はどうですか?
どこかに痛みはありませんか?
身体のどこかが不調だと気分まで優れず、厄介なものを背負った気分になりがちです。
でも、身体はあなたの大切なパートナーです。
身体と心は一体なのです。
このワークでゆっくりと身体の声に耳を傾けてみて下さい。大切なメッセージが聞こえてきます。

 

続きを読む