ゲシュタルト療法

幻想の世界から抜け出す ゲシュタルトワーク

先日、中野真作さんのFBの投稿にこんな事が書かれてました。

『分離という牢獄から抜け出すには、自己否定的な修行ではなく、人間としての自分の欲求や感情を全てまとめ、ありのままを十分に愛していく事。十分に泣いて、怒って、笑ってみよう。十分に味わって感じてみよう。

そうすれば自分という夢から抜け出す道が自ずと開けてくる。(一部抜粋) 』

 

とても心に沁みます。

そう、今あるのモノを無きモノにしない。

今、心の感覚や身体を通して感じていることを否定せずに受け入れていく。そうすれば自分の作り出している幻想に気づき壊していくことができると私も思っています。

 

実は、それを体験させてくれる一つの方法がゲシュタルトセラピーなんです。

ゲシュタルト療法と非二元の学び、二つの入り口から興味を持ち出した私ですが、学んでいくうちに段々とこの二つが切り離せないものだと思うようになりました。

 

ゲシュタルトセラピーは人間を一つの有機体(生物)として捉えています。

非二元は自分はいないと伝えています。

面白いですね。でも、非二元論の伝えようとしているところに辿り着こうと思うと自分を有機体として見て、この身体や思考が創り出している世界を受け取って、それが幻想だと腹落ちしてやっと幻想の世界から抜け出すことが出来るのです。

 

自分が作り出している幻想の世界に触れるのは実はとても怖かったりします。

だって身体は恐怖を感じるし、悲しみの波動も流れるし過去の嫌な体験や感情もありありと思い出されるし、場合によってはトラウマとなって身体が硬直したりと反応を起こします。

有機体の私たちはそうやって今まで自分を守ってきたのですから。

それを「全ては夢の中、私のものではない」と言ってしまったら更に今起こっていることを受け取らず苦しみが増していきます。

幻想の世界から抜け出せず、幻想の痛みに苦しめられる事になります。

 

ゲシュタルトワークはそれを安全な場所や方法で自分の作り上げてきた幻想を受け止める事ができるのです。

人間として作ってきた自分の世界。

それを知ることができるのです。

 

非二元論にご興味のある方は、興味の無い方よりも早くその夢から覚めることができると思います。

何故なら、今感じている苦しみや悲しみは十分に味わっても、それは幻想だと知っているから。だから味わっても大丈夫だと知っているんです。

 

ただ、味わいたくなくて自分を亡き者としているのなら、まずは幻想の世界から抜け出すために自分の感情を味わってみてください。

自分が作り出している幻想を教えてくれるのは身体の感覚と今に居ることです。

幻想の世界は思考が作り出すのです。

 

★★★お知らせ★★★

ワークショップや個人カウンセリングを行っています。

◾️ゲシュタルトセラピーワークショップ

『誰でも出来るゲシュタルトセラピー』

9/29 , 10/27  , 11/30

 

◾️個人カウンセリング

『フリートークルーム』

9/21 , 11/9

 

詳しくはHPをご覧下さい。

 

 

8/24 誰でも出来るゲシュタルトワーク

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

ゲシュタルトセラピーとは、自分の生きる力や問題解決をする力を引き出していくセラピーです。

それは自分の内側に気付いていくこと。

ゆったりと優しく自分に触れて、本当の自分の声に耳を傾けて下さい。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加くださいね。

ゲシュタルトセラピーワークが初めての方でも気軽に体験ができます。

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

この場は一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの萩原 久子さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

【詳細】

■日程:2019年8月24日(土)
■ワーク時間 ;10:00-16:00
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

7/20 『アワ!』誰でも出来るゲシュタルトセラピー

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

偶数月に開催している『誰でも出来るゲシュタルトセラピー』がお陰様でキャンセル待ちが多くなりました。

一人でも沢山の方にゲシュタルトセラピーを体験して欲しいから奇数月に【アワ!】バージョンを行います。

【アワ!】とは「私達の」と云う意味。

「誰でも出来るゲシュタルトセラピー」と違うのはスーパーバイスがいない事。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加ください。

ゲシュタルトが初めての方でも気軽に体験ができます。

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんでこの場を作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

ワーク終了後、ファリシテーターをした人同士で振り返りを行います。

【詳細】

■日程:2019年7月20日(土)
■ワーク時間 ;10:00-16:00
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 500円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

申し込みはこちら    http://infinity-sp.com/mail.html

魂と魂が触れ合っていく

こんにちは、この週末の三連休に私がやっているゲシュタルト療法のファリシテーター集会があり参加してきました。

 

ゲシュタルト療法は、その人の在りようを信頼してその人がその人らしく生きていく事をサポートしていく療法です。

自分の感覚に気づいていく事をするだけでクライエントは自ら問題解決へと進んでいく事が出来ます。

 

そのファシリテーターの学びの中で、とても貴重なそして豊かな体験をしました。

それは、カウンセラーとしてクライエントに向き合うのではなく、一人の人間として向き合う大切さです。

 

カウンセリングの場では、どうしてもクライエントと向き合うのはカウンセラーとしてだったり、セラピストだったりと癒し手のマインドを持ってしまいがちです。

でも、今回体験したのは癒し手ではなく、一人の人として自分に正直にクライエントと一緒にいる事。クライエントをジャッジせずありのままの在りようを一緒に感じ取り自分の中で起こっている事を正直に伝える事。

クライエントを癒すのではなく、クライエントの内側で起こる事を信頼してその場に一緒にいる事という事でした。

 

ファシリテーターとは癒し手ではなく、カウンセラーでも無く、クライエントが自分の内側に気づいていくことをサポートする人という事です。

 

その事を胸にファシリテーターとしてクライエントに向き合うった時、私は目の前にいる人が真摯に自分に向き合っている姿の美しさに感動して涙が止まりませんでした。

今までも多くの人と向き合ってきましたが、こんな風に感動に震えることは初めての体験です。

私も正直にその場にいて、クライエントも正直にその場にいて自分の感覚に触れていく。お互いが剥き身になって美しい魂となり、その魂のふれあいのように感じたのです。

その静かなる魂と触れ合いの中でクライエントの内側から自然と変化が起こり、自ら新たな方向を見つけ出していきました。

言葉の無い、静かな時間の豊かさ。

 

相手を信じ、自分を信じ、その場を信じる。

その時に共鳴する力。

その魂同士の触れ合いが、サポートになっていく事を体験しました。

 

人は全ての人が自分で生きる力を持っている。自分と起こってくるその場を信頼する。

信頼できない自分が出てきたら、その不安感や脆さも正直に気づいていく。

 

それは、結局 非二元のストーリーの中でも言われている事なんですよね。

全て起こっている事に気付いていく、受け入れていく、脆い自分の感覚を許していく、何も排除するものは無く、全てが在る事気づいていく。そして、その場に居る。

 

その入り口をゲシュタルト療法を使って触れることが出来るんだろうと思います。

愛を持って正直でありたいと思います。