ありのまま

枠を設定した分離の世界

こんにちは。梅雨が明けた途端に暑いですね〜。

天気予報で37℃の予報が普通に出ていて、ひと昔前なら35℃でも猛烈な暑さと言っていたのに、数字に慣らされたのか異常気象に慣らされたのか、年々暑さが増していくように思います。

先日、ノンデュアル仲間の友人からある本の一節をシェアして貰いました。

そこに書かれていることがとても腑に落ちて、私の今までスッキリしなくて漠然としていたことが、「ああそうか…」と思わしてくれる内容でした。

その内容とは…    以下、一節より抜粋

—-『生』とは意識の焦点あり、今経験していることに注意の意識の焦点が当たっているのです。今見ている、聞いている、触れている、感じていることが焦点です。この焦点があるのは実際に分離した私があるからだと思い込むことで苦しみが生まれるのです。それは悪いことでも間違ったことでもなく、ただ枠を設定しているだけなのです。—-  (一部省略)

と言うことが書かれていました。

日々私たちは、五感で焦点を当てて自分が体験している事を確認をしています。

そして、私たちは焦点を当てたことに枠を設定して、それを『私』と呼んで外の世界と私の世界を分離させていたのですね。

本来、私たちは意識であり、意識の世界は一つしかありませんが、意識とは気づきであり、気づきが焦点を当て『私個人の世界』の枠を作り出していたんだなぁと枠の概念に納得しました。だから、肉体がある限り焦点は当たり続け、枠はあり続けるのだと思います。

唯一できるのは、枠が強固な枠なのか、半透明なまで薄らいでいくのかと言うこと。

それでも焦点を当て何かを確認する限り私の世界は消えないと言うことです。

でも、そのベースとなるものは一つで『気づきの意識』なんですよね。

この一節をシェアして貰って、ドラマの世界と気づき意識の世界が今更一つになった次第です。

なので、枠の中でドラマに巻き込まれている私も、気づきの意識の中に作られた枠の世界に居て、結局は一つでしかなかったと言うことです。

今まで『気づきの意識の世界』と『ドラマの世界』の二つの世界を私は繋げて理解することが出来ず、非二元は理解できないものだと諦めていたのですが、この一節のおかげで新たな理解に進みました。

肉体がある限りドラマは生まれる事は、今まで私が言っていた事と同じだけれど、枠の概念ができただけで「なるほど〜」になりました。

その一節をシェアしてくれた友人に感謝です。

★★★お知らせ★★★

ありのままの自分に気づく個人セッションやワークショップを行っています。

個人セッションはZoomでも受け付けています。

自己探究に興味がある方、

それから私は最近、子供を虐待してしまう加害者側のお母さんに心が揺れます。

子供を愛したいのに上手く愛せないお母さん。

一人で苦しまず「個」の自分の痛みを癒してあげて下さいね。

詳しくはこちらまで

http://infinity-sp.com/

9/6 誰でも出来るゲシュタルトワーク SV day

ゲシュタルトファシリテータースキルを上げたい人&ゲシュタルト好きな方集まれ〜!

ゲシュタルトセラピーのファシリテーターのためのワークショップです。

『誰でも出来るゲシュタルトワーク』でファシリテーターのトレーニングdayです。

色んなところでゲシュタルトを学んだ方が更にワークする場所や、そして、ファリシテーターとして経験をする学びの場が欲しくて作りました。

ゲシュタルト好きが集まって、みんなでトレーニングしましょう。

9月のスーパーバイザーは渡辺トヨ子さん(GNJ所属SV)です。

CFOスタイルで進めます。

一本ずつのワークが終わった後にファシリテーター初め、みんなで自分の気づきをシェアし合います。人の数だけファリシリテーターのスタイルがあります。それぞれが自分の持ち味を生かしながら自分のスタイルを作っていく場です。

ファシリテーター実施者は3名。希望者が多い場合は一日の初めにジャンケンで決めます。

【詳細】

■日時: 9/6(日) 10:00-17:00

■場所:東京墨田区ビックシップ 2F和室

■参加者資格:ファシリテーターはトレーニング修了者

ワーカー及び参加者は心理療法を学んでいる方、ゲシュタルトワークショップ参加3回以上の方

■参加費:5,000円 /ファシリテーター追加3,000円

■定員:6名

■お申込み:HPからお申し込み下さい

http://infinity-sp.com/mail.html

8/2 誰でも出来るゲシュタルトワーク

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

 

新型コロナウイルス後、人と人が触れ合うワークショップがやりづらくなってきましたね。

それでも、やっぱり人が直接触れ合うことはオンラインでは掴むことのできない呼吸の深さや心の動きやエネルギーがあり、かけがえの無い時間だと思います。

感染防止対策をして、定員数を減らして安全に気を付けながら開催しますね。

 

コロナ渦で今までと違う価値観を抱いたり、従来の自分と違う側面に気付いたりと変化を感じている方は多いと思います。

ゲシュタルトセラピーで自分の内側に丁寧に触れ、今起こっている新しい自分の生きる力を引き出してみてください。ゲシュタルトセラピーは自分に気づき、生きる力を自分で見出していくセラピーです。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加くださいね。

ゲシュタルトセラピーワークが初めての方でも気軽に体験ができます。

 

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

この場は一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

【詳細】

■日程:2020年8月2日(日)
■ワーク時間 ;10:00-16:00

ファシリテーターをした方は17:00終了
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 500円
■定員;7名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

お申し込みはこちらから

http://infinity-sp.com/mail.html

 

 

 

 

コントロール出来ない感情

こんにちは。私のブログにようこそ。

最近、自分という存在はただ宇宙の流れが作り出した一つの現れで、思考も感情も同じようにただの現れで、それらを体験して気付いていく意識があるだけなのだと自分の理解が深まってきています。

そして、この肉体の記憶が傷(恐れ)を作り、それが投影してドラマを作り出していると理解してきています。

この理解は私のプロセスの中での理解なので皆さんと異なっているかも知れませんが…。

この頃、気づきの意識が本来の在りようなのだと分かりながらも、無性に私の個人的感情が騒ついて孤独感や自己否定感が湧き上がってきます。

その起こってきた感情は昔作った古傷が投影されて、そのような感情を生み出す思考がドラマを作っているのですが、それに気付きながらも、この感情は治まらないのです。

 

今私は、それを止める事もWhy?と追及することもせず、その心地悪さと一緒にいるようにしています。

ともすると、その感情に巻き込まれそうになったりする中、時々、溺れて水から顔を出して息が出来るような感じで、その感情と気づきの距離が保たれ安心してその感情を眺めることが出来ていたりして、揺れ動きながら、この身体の中にある孤独感と一緒にいます。

不思議なものですね、個人の概念を見破り、自分という個人はおらず意識だけが今あるものを体験していると分かりながらも、個人の概念の孤独感や疎外感はもの凄い勢いで今に襲いかかってくるのです。

自我が消失されることへの抵抗なんでしょうか。自我は「私は…」と主張してきますが、その在りようもコントロールせずに起こるに任せる時間を過ごしています。

ドラマを作り出している私と気づきの意識である私は本当にピッタリとくっつき合ったコインの裏表であり、体験しているこの時間はコインを立ててクルクルと回っている状態で一つの世界を作り上げているように思えます。

ようは、泥臭く落ち込んだり悩んだりするのも今あるがままでコントロール出来ないって事。

むやみにコントロールして、どうにかしようとせずにそれも今ある自然な事だと諦めて受け入れる事が今を生きることなんでしょうね。

今のあなたは悩んでいても、苦しんでいても、それはただ昔の古傷がそのように見せているだけだから、抵抗せずにその痛みのあるご自分の感覚と一緒にいてあげて欲しいなと伝えたくなりました。

それが、古傷を持った個の自分を癒してあげる事になるんですよね。癒しが統合へと進みドラマを作る投影は形を変えていくのだと思います。

 

★★★お知らせ★★★

個人セッションを対面やZoomで行っています。

今ある感覚に触れていくことを一緒にやっていきましょう。

また、ワークショップを開催しています。

詳しくはHPをご覧下さいね。

http://infinity-sp.com/

 

 

内なる影との統合

こんちには。ブログを読んでいただきありがとうございます。

前回の記事で書いた過去の記憶から湧き出てきた私の内なる子供の話。その後のお話を書こうとおもいます。

私はその子供を放置しておくことが出来ず、数日後のゲシュタルトワークショップで果敢にも向き合ってみました。

その場面を思い出すと私の目の前には小さな傷付いた子供が浮かび上がります。エンプティーチェアーと言う手法なんですが、目の前には空の座布団を置いて如何にもその子が座っているのをイメージします。

本当は居ないのにイメージだけでも有りありと、そこに存在しているように見えるのです。

傷ついたその幼い子は身体を固くして俯き、私の方すら見ない様子です。大人の私も幼い子を受けられず睨み合ってる状態です。

私の中にある感情は受け入れれたのですが、私が切り離してきた影を受け入れる事はなかなか出来ないのです。

ゆっくり時間をかけてワークを進めていきます。

私の影(IC)が私に与えた影響、良くも悪くも私の日常生活の現象を作っていて、切り離した影のせいで知らずに自分が生きづらい環境を作ってきていた事、でも反対に、この影のおかげで生き残れてきた事もありました。

この影は言い方を変えれば、人生のサバイバルから私を守ってきたくれたものでもありました。

見方を変えれば、私の生きるパワーともなっていたのかも知れないと思えてきたのです。

そう思うと徐々にこの幼い子共を受け入れることができ、その存在もあってもいいのだと思えるようになりました。心理学的に云えば「統合」というものですね。

切り離していた影を見つけ出し、それを統合する事でこの現象世界の見え方が変わっていくのが分かります。

自分が幼い頃に作ってきた世界で時間が止まり、頑なにその世界の中で戦ってきた思考の私。

でも、その幼い頃に作った幻想の世界から抜け出すと身体の反応や恐怖は減り、世界が少し緩んだように感じています。

不思議です。

世界は全て「今」にしかなく、ただ起こっていることを受け入れていくだけなのに、身体は過去の体験や古い記憶を引きづり目の前では起こっていない思考の風景に反応をしています。

これすらも、今起こっている事なのですが、それに向き合い影を受け入れると、今まで体験していた現象世界が変わっていきます。

ありのままだと言っているのは現象だけではなく、記憶も思考もありのままで、抵抗も抑圧も回避も受容もありのままで、身体の反応も感情もありのままで、そしてその不快感は何かを教えてくれていて、そのお知らせを受け取る事で人間として生きていくのに少し楽な現象世界を作っているような感じです。

ここを考えだすと、グルグルと答えの出ないループに入ってしまうので上手く表現できないんですが、「ありのままの世界」と「人間としてのドラマの世界」を行ったり来たりの連動をしている感じです。

こんな話も含めて、あなたの非二元のお話を一緒にしませんか?

非二元好きな方が集まっておしゃべりする会を作っています。次回は1/18() 和室でお茶とお菓子を食べながらみんなでおしゃべりする時間です。

ご興味のある方はご連絡くださいね。

 

★★★ワークショップのお知らせ★★★

ワークショップを開催しています。詳しくはWeb をご覧ください。

お申し込みはこちらhttp://infinity-sp.com/mail.html

非二元好きの方が集まってお喋りする会『非二元好きの方のお茶会』

118(土』13:0016:00

自分のありのままの今を気付く方法のゲシュタルト療法『誰でも出来るゲシュタルトワーク』

1221() , 126()  10001600

 

ゆっくりと和室で二人でカウンセリングセッション『フリートークルーム』

1222() 222()   13:1014:3014501610

 

12/21誰でも出来るゲシュタルトワーク

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

ゲシュタルトセラピーとは、自分の生きる力や問題解決をする力を引き出していくセラピーです。

それは自分の内側に気付いていくこと。

ゆったりと優しく自分に触れて、本当の自分の声に耳を傾けて下さい。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加くださいね。

ゲシュタルトセラピーワークが初めての方でも気軽に体験ができます。

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

この場は一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの萩原久子さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

【詳細】

■日程:2019年12月21日(土)
■ワーク時間 ;10:00-16:00
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

ストーリーと知っても感動する姿

こんにちは、皆さん。

7月になり雨が続きますね。梅雨の時期をしっかりと味あわせて貰ってます。

 

私はゲシュタルトのファシリテーターを時々ワークショップでやっています。まだ学びの段階ですが。

ファリシテーターとしてクライエントさんと向き合ってワークをしていると涙が出てくることが時々あります。

その涙はクライエントさんの話の内容が悲しいから溢れてくるのではなく、クライエントさんが真摯に自分に向き合っている姿に感動して涙が出てくるのです。

一生懸命に自分に向き合っている姿に私は心を打たれます。

 

この目の前にある問題は非二元の視点から見ると現象のストーリーに過ぎないと思います。

でも、その問題に向き合って自分の弱みや醜さを曝け出して正直になっている人間の姿に感動を覚えるのです。

 

本来なら私は誰かをサポートする必要もなく、誰もが宇宙の流れの中にいます。

だから、このワークすらストーリーです。

 

心理療法の学びやワークは全て現象世界でのストーリーのゲームと気付いていながら、それでも私はそのゲームが好きなのだの思うのです。

ただ存在していながらも、その生きているストーリーのゲームを真剣にやってみる。

五感で感じで起こる「今ここ」の現実の世界で真正面から生きていることに向かっていく。

そんな人間臭さが美しくもあり感動で涙が出てくる。心が震えます。

だから、私はそのゲームが好きな存在なんだと思うのです。

そして、その私という存在がこの宇宙にただ在るだけなんだなぁと今の自分を見ています。

現象世界を通して、この身体が感じることを受け止めて「好きだ」と湧き上がる感情や感覚を感じながら生きていく。

そんなことを確認しながらワークショップに参加したり、提供したりしている感じがしています。

★★★お知らせ★★★

インフィニティーとしてワークショップを行なっています。

ご興味のある方はご連絡下さいね。

▪️ゲシュタルトセラピーワーク

「誰でも出来るゲシュタルトセラピー」7/20(土)  8/24(土)  9/29(日) 10/27(日)

▪️フリートークルーム (個人カウンセリング)

8/25(日)  9/21(土)

 

非二元とゲシュタルトセラピー

こんにちは。

GW真っ只中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

後半になってお天気も良くなり、散歩していても気持ちがいいです。

新緑の木々が太陽照らされ、葉が風に揺られ子供の声が聞こえてきます。

私はのんびりとカフェで  ここに居る  感覚を味わい、「私は今何に気付いていますか?」と自分に問いかけて丁寧に自分の身体の内側と外側の出来事にコンタクトをしてこの場を過ごします。

この問いかけはゲシュタルトセラピーで使う問いかけです。

 

私はセッションでゲシュタルトセラピーを使っています。

非二元と云う分野を追求していくと、ゲシュタルトの関わりや考え方は非二元にとても近いと思っています。

ゲシュタルトの場合、人間を有機体と捉えていて、その有機体は心地良く生きていく方法を知っていて、その力を持っています。

体の中で何かを欲求すれば、それに気付き欲求を満たし、外側の状況は身体の五感を使って察知し、それに合わせて対応をして自分が心地よく生きる方法を選びます。

外部領域と内部領域にコンタクトをしていれば迷いなく生きていくのですが、人間の場合、中間領域と云う思考が働き始めます。

中間領域の思考とは過去や未来の想像をしたり善悪をつけたり評価をしたり、人から教えられた価値観を取り入れたりと、体験とは違う想像の世界です。

その想像の世界が自分の本当に表現したいことを止めてエネルギーの滞りを起こしています。

例えば、感情も身体の中で沸き起こる大切な表現の一つです。

怒りたいのに怒ることを我慢したりする事は誰でも経験があると思います。

怒りは自分を守るための大切なエネルギーです。自分を守るためのエネルギー(戦うや逃げるなど) で外に出るエネルギーですが、外に出さなければ内側に留まり自分を傷つけます。

自己否定、自傷行為、自己の抑圧、ありのままの自分ではいけない感覚。

 

だから、自分の身体の内側で起こっているエネルギーをありのまま感じて表現してもらう事で次のプロセス(解決)へと自然と自ら流れていくのです。

 

非二元と何処が似ているかって言いますと、

その起こっている感覚をじっくりと感じる事で、自分のありのままを受容し思考が勘違いして作り上げたアイデンティティの自分を見つけ出し、受け止め癒していける事です。

全ては一つだと言いながらも、自己のアイデンティティを受け止めず否定していては一つにはなれず分離を作り上げていきます。

自己の分離はいつまでも外側の分離を生み出します。

内側で沸き起こる感情や痛みを受け止め癒す事で、自分の分離を無くしていき自分が作り上げてきた自己のアイデンティティに気付きます。

そして、それは自分だと勘違いしているアイデンティティだと気付き、それを守らなくてもよくなってくる感じがするのです。

そう、『自分』と云う同一化から離れることが出来るチャンスだと思うのです。

 

私は非二元と言われている世界を探求しながらも、人間臭い日々のドラマが好きです。

非二元を知れば苦しみは無くなり愛だけが残るのではなくて、日々の日常は繰り返されていて苦しみや悲しみや怒りや嬉しさがある人間臭さが同時に起こっていて、それがある事を許されたり受け入れられたりしていくと思うのです。

本来なら幻想の世界なんだけど、それでも今この瞬間に感情が湧いてくる肉体が有り、ある事を許していく。知っていく。

在るものを無いものにしない。全てあって良し。全ての感覚をこの意識が体験している。

 

その体験が自己同一化から少しずつ離れ、幻想のストーリーを作らなくなるように思います。

そんな風に今は捉えています。

そんな観点から見てゲシュタルトは私にとって役立つ療法になっています。

 

良かったら一度、ゲシュタルトセラピーを体験しに来てみてくださいね。

また、おいおいゲシュタルトを通しての非二元に通じる私の感覚を書いてみますね。

では、またね。

 

★★★お知らせ★★★

ワークショップや個人カウンセリング(フリートークルーム)を行なっています。

HPのワークショップのご案内をご覧下さい。

 

 

感情をありのまま受け入れるコツ

こんにちは。

久しぶりのブログです。

最近、ちょっと自分の中が静かになってきて一旦落ち着いている感じがしています。

いっときは新しい体験をしたり、新しい感覚になったら理解が深まったりして変化の波に飲まれていましたが、今は体の中に馴染むように静かに見ている感じです。

 

ただそこにあるものを体験し続けていることをやっています。

 

前回、感情を風景のように見ているお話を書きました。その事をもう少し書こうと思います。

 

「感情をあるがままに受け止める」とよく言ってますが、やってるようでなかなか出来ないものだと自分の経験から思います。

自分では許し難い感情や認めたくない感情が湧いてくると「なんでこんな事思うんだろう」と自分で自分の感情を分析したり、思ってくる事を否定したりしていました。

だって、そんな感情を持たない方が理想だと思っていたから。

 

これって、大きなクセモノなんですよね。

そこにも居た、理想の自分。

 

自分の理想も必要なくて、理想は妄想でしかなくて理想というゴールはないと知ると、そこに向く枠が外れて感情のコントロールも無くなっていくように思います。

 

そしてそれは、孤独感や恐れや悲しみの感情に触れないように自分をガードしていることが多いのです。

 

そこに触れてしまうと自分が壊れてしまいそうで触れずに見て見ぬフリをしてたり…。

壊れるのはプライドなのか、過去の傷に触れる痛みなのか。

 

その恐れを妄想してガードしていたのです。そして、それも妄想から離れてありのままの感情に触れて、それを味わっていくと感情のエネルギーは落ち着いて風景に変わっていきます。

 

そう結局、感情はエネルギーでしかなくて、ただそのにあるエネルギーなだけで、感情は私に何も被害を及ぼさない。

 

そんな事を思いながら、今まではコントロールしていた感情をやっとありのまま受け止めることが出来るようになったと思います。

 

ただ毎日、ここを体験している。

今はそんな静かな時間です。

 

内側の感情が風景に変わる

前日、友人から心理療法のモニターを頼まれて音楽療法と云う心理療法を受けてきました。

音楽療法を初めて受けたのですが、進め方は私がマットの上に寝て目を閉じてクラッシック音楽を聴いていきます。セラピストは催眠療法のように私が少し変性意識になるように誘導していきます。

私は感覚や感じた事や映像が浮かんだらそれらをセラピストに伝えていくやり方です。

音楽と共に誘導されるのでリラックスしやすくて、奥深い感情に触れやすいみたいです。

セッションが始まり私は段々と深く入っていくと考えて答えるよりもイメージが浮かんできて、そのイメージを答えるようになっていきました。

勿論、私の意識ははっきりしています。だけど思考よりもイメージや感情が優先される感じですね。

深く入っていくと、ふと一人の淋しさを感じてきました。それは集団の中にいても一人ぽっちの淋しさの感じです。

小学生の時にイジメにあっていた時の覚えのある感覚。

そうすると、色んな感情が私の中に同居しているのがイメージで湧き上がってきました。

感情別の私が一人ずつ存在している感じです。

孤独の私、寂しい私、そんなネガティブな私を亡き者にしようと見ないふりをする私、孤独感や寂しさを受容すよとうする私、そんな対立が行われているのを見て失望する私。

沢山の私がいて、内側のスペースに混じり合ってます。

ちょっと、驚きました。

私の中で小競り合いをして、認めたくない私を亡き者にしようとしているのですから。

今までは思考で自分をコントロールしていたのかも知れません。

そして、このセッションではそれらの存在を認めてこの感覚と一緒にいました。

やり慣れていなくて、心地悪い感じですが、思考が弱まっているのでコントロール力が弱まりそのまま受け入れるしかないと云うのが本音です。

そうすると、次第に自分の感情が単なる風景のように見えてきて、内側の小競り合いやネガティブな人格たちのイメージは、電車の窓から見るような外の景色と同じようなものになってきたのです。

そこに在ることを許されると感情と自分自身の間に空間が出来て、ちょっと別のものになった感じでしょうか。

それは日常生活で見ている風景のビルがあったりクルマが走ってたり、信号があったり、鳥が飛んでたり…となんら変わらないように思えたのです。

単に在るだけ。

自分と感情を切り離す事が出来て、感情をゆったりと見てあげれるゆとりが出て来ました。

今までは、自分の受け入れれない感情が起こるとそれを否定して、その感情を認めるのが怖かったように思います。

それは自分の枠のようなものが壊れる感じがしていたのかも。そんな根拠のない恐怖。

でも、実は内側の世界も外側の世界と同様にただ在るだけで、それを全部そのまま見たところで何も恐ろしいことは起こらない。っ事。

今回の音楽療法は予期せぬ深いところの自分に触れたように思います。

自分が変化していくプロセスは自然に起こってくるんですね。人からの偶然の出会いがプロセスへと進めてくれています。

内側で起こる事も、外側で起こる事も全てにYes と云って受け入れるのは私のエネルギーを滞りなく運んでくれるように思います。