一年経ちました。そして…、

インフィニティーを立ち上げて、一年になりました。

一年しか経っていないのに、とても長く感じています。

立ち上がる前は、学んでいるグループとの繋がりが強く、グループの影響や仲間の繋がりが安心感となり心地良いものでした。

自分で立ち上げると、そのコミュニティーから離れるようになり胎児が外に出たかのように、自分独自の「どうしたいのか」を考えるようになりました。

今までのやり方でいいのか…、今までの学んだスタイルをステレオタイプでやりたいのか、自分は何をやりたいのか、本質を再度自分に問うようになりました。

今思うと立ち上げるまでは、立ち上げることを目標として、目標に進んでいたのだと思います。

 

しかし、『目標』とは 「やりたいことだったのか」と云うことに立ち止まりだしています。

目標とはやりたいことなのでしょうか?

目標とは『何を』するかを追いかけているように思います。

時として、私達は自分の過去の経験や努力を無駄にしたくなく、その経験からのゴールを作り出したいと考えるのではないでしょうか。

でも、それが本当に自分自身が求めている姿だったのでしょうか?

 

一年経った今、自分の足で歩き出してみると本質に触れ出して、本当は何がしたいのか?と言うことを問いかけ始めました。

それは『何をしたいのか』では無く、『何故したいのか』

 

『何 What 』では無く『何故 Why』

それを問いかけ続けることで、自分らしい新たな方向が見つかるように思うのです。

Why  を見つめることで『How どうしたいのか』が明確になります。

 

それすら実はストーリーの中にいるのですが、同じ夢の中でもエゴを握りしめて生きるのと、魂が心地よく宇宙の流れに乗って生きるのではストーリーの作り方が変わると思います。

 

一年経って今、学んできた事への執着を手放して変化する自分の信じて、自分の動きを見てみたいと思っています。

コミュニティーから出て独立すると云うのは自己信頼と大きな成長に繋がりると感じた一年です。

 

そんな話をまた、追い追いと書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

自己価値を求めている私

最近、また自己価値を求めている自分に気付かされました。

それはSNSからなんですが、皆さんはどのようにSNSと付き合っているのでしょうか。

私はSNSで、人が充実した活動をしている情報を見ては取り残され感を感じたり、自分の投稿に反応がないと残念な気持ちになったり、時々それらの投稿に振り回されたりしていたのです。

なんだかFBを見てはザワザワしたり、空しくなったり寂しくなったり負の感情を感じていました。

そんな中、ある人の講演を聞いててSNSで自己価値を求めてる人が多い。と云うことを聞きました。

ああそうか…、私の気持ちが揺れ動いていたのは自己価値の喪失だったと、その人の話から気付かされました。

 

自分と云うのは過去の記憶から作られたイメージの私です。

私と云うものはいないのに、私は「自分がいる 」 と思って、イメージで作り上げた自分に価値を持たしていたのです。

そのいない自分の価値を見いだそうとしている。無いものに価値を求め、幻想に振り回されているのです。

それを私はここでもやっていたのでした。

自己価値は自分のエゴ(自我)が作っただけのもので、そこに捕らわれるといつまでも追い求めてエゴが満足したら、また追い求めて実態のないイメージの自分を探し求めることになります。

結局、雲をつかむように幻想の自分を掴もうとしているのです。

 

その中から抜け出して客観的に見てみると面白いものです。

こんなことは、今起こっている現象の違和感や不快感から気付かせて貰えるんでしょうね。

一つずつの心地悪さに敏感になり、気付いていくことがワタシを取り戻すチャンスなのだと思うのです。

また少し自分のストーリーが離れたような気がします。

 

 

 

12/3 『誰でも出来るゲシュタルト』ワークショップご案内

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

オープンスペースでゲシュタルトワークを定期開催します

ゲシュタルトが初めての方でも気軽に体験ができます。
そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの萩原久子さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

【詳細】

■日程:2017年12月3日(日)
■ワーク時間 ;10:00-15:30
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
ご注意;ファシリテータ希望が多い場合は、お一人一日1ワークだけのご提供になります。ご了承ください。

身体に沁み込んだ心の痛み

久しぶりにゲシュタルトのワークでクラエイントをしました。

ワークの入り口は身体の痛み。

身体の痛みを観ていくと、どんどん感情が溢れ出してきました。

悲しみ、不安、安全な場所を求めてる…。

その感覚の中に浸っていると幼い頃の映像が思い出されました。

それは母が仕事から戻ってきた足音。

その足音は母から殴られる前の予兆の音。母が仕事から戻り私の顔を見ると、毎晩のように何かに文句を付けて私を殴る日々。

小学生の私は痛みに堪えながら、殴られる嵐が通りすぎるのを待つ。

抵抗をしようものなら殴られる時間が増えるだけ。だから、ひたすら黙って過ぎ去るのを待つ。

この頃に反抗しないことを覚えました。

幼い私の「自分を守る術」でした。

今では自己抑圧は自分を痛め付けている行為だと知って、我慢せずに自分を守る事も覚えてきました。

だけども、身体に受けた痛みは「怖れ」として今も息づいていたのです。

 

私の身体から出てくるザワザワ感は「怖いよー」と声を発します。

「怖いよー…」  恐怖が身体の奥深くにいて、筋肉を固めて恐怖の波動を感じないようにしていました。

あぁ、こんな風に恐れを感じないように止めていたんだ。

 

恐れを持っていることは知ってたけど、思考で片付けて感じないように切り離していたのです。

切り離した自分の感覚が戻ってきた感じです。

子供の頃に体験した恐れは、そんなに簡単には無くならない。

身体の細胞、内蔵の細胞が覚えています。

それが今ここにありました。

虐待を受けた多くの方々は、その「怖いよー」の声を抱えきれずに大人になっても身体が怖れに抵抗しながらその傷に触れないようにしているのではないかと思います。

その自分に触れてあげる。その自分を感じてあげる。居ていいよといってあげる。

怖さを持っていることを認めて、その自分でいる。

その恐れを見ても、決して恐怖で何か起こったりはしない。だから、感覚を止めずに触れてみる。

 

過去の出来事でも、身体には今もここに残っています。それはストーリーではなくて、その自分はリアリティ。だからストーリーにはしない。逃げない。

その自分と向き合い受け止めていく。

 

過去の記憶はストーリー。

ストーリーには巻き込まれずに、まだ拘っていた自分に気づいていく。

そして、身体から出てくる感覚(波動)はリアリティ。

恐れを持っている自分と自己一致していくと、身体の緊張がほどけ心の痛みは和らいで新たな「今」が見えてきます。

そんなことを感じさせてくれたワークでした。

「身体と繋がって自分で身体を癒す」 参加者さんのお声

昨日も深くて楽しく充実した時間をありがとうございました~(^^)
帰りの電車の中では、エネルギーを出し切ったのかとっても眠かったのですが、夜はスッキリして冴えていました。
インナーチャイルドに触れた時、父が原因と思っていたことが、父は鏡に過ぎなかったことに驚きました!確かに初めは父だったかもしれない。けれど自分が引き込んで、自分でストーリーを作っていたことに気がつき、自分と自分が繋がった感じがします。
かずみんさんが側にいてくれたから、そして安心していられたからですね。

体にもゆっくり、じっくり対話する機会もありがとうございました!
人拓に色を重ねる作業は、とても新鮮で、楽しかったですが、いろいろな経験をさせてくれる体が、とっても愛しく感じました!

まだ未消化の部分もありますが、
ゆったりと流れにのって行ってみようと心のゆとりが持てました~!
ありがとうございました~!

『孤育てと個育ち』と 内なる子供

シングルマザー対象のワークショップ『孤育てから個育ちへ』をテーマに行いました。

シングルマザーで仕事も家事も育児も頑張っているかたは多いです。

子供を養うために仕事は辞めれない、仕事は容赦なく降りかかってくる、誰かに泣き言は言えない、頑張るしかない。

職場にもシングルマザーがいらっしゃいますが彼女らを見ていても本当に逞しいと思います。

そんな生活のなかで、ご自分と向き合い、お子さんとの関係性を見てもらい、『一人の自分』の空間を持って貰う時間でした。

 

子供に自分のどんな側面を見せているのか。

お母さんの仮面をつけた自分?

お父さんの役割を多く担ってお父さんの仮面を着けた自分?

見せたくない自分を隠して、ちゃんとした人を頑張って見せてる自分?

駄目な部分も含めてありのままの自分?

 

そして、お子さんをどんな風に見ているのか。

期待を押し付ける?

駄目な部分は許さない?

イメージ通りでいてほしい?

実は、これって全て自分の中にある本心の自分(インナーチャイルド)との関わり方なんです。

 

インナーチャイルドとは思考を外した本心の自分です。

その感情を持った自分をどのように扱っているのか… 。

私たちは本心の自分と色んな関わり方はしています。

本心の感情にすら気付かない関わり方。

感情が現れても「そんなこと思っては駄目だ」と叱る思考(大人)の自分。

駄目な自分を許さない、自分を叱咤する大人の自分。

思考の自分が作った自己イメージに答えるように頑張り続ける自分。

 

思い当たることはありませんか?

これらは自分で自分を痛め付けるような行為です。

内なる子供(インナーチャイルド)の声に触れてみると、沢山の声をあげています。。

何かを恐れていたり、不安になったり、寂しくなったり、無邪気に喜んでたり、大声で笑ったり…。

その声を押し込めたり、無視したり、聞こえない振りをしたり、大人の自分はその声をコントロールしようとします。

どうか、その声を聴いてあげてみてください。

子供との関係性を創る上では、まずは自分自身の内側の関係性が大切になります。

 

自分(インナーチャイルド)をコントロールしない。  子供をコントロールしない。

自分(インナーチャイルド)のありのままを認める。子供の在り方を認める。

自分(インナーチャイルド)を放置しない。子供の声を無視しない。

 

自分の内面は外へと映し出されます。

誰よりもまずは自分に優しく、疲れていたら自分を労い、思うように出来ない自分も許して、自分のありのままの声を聴いてあげて、認めてあげることが大切なのだと思います。

そうすることで、自分も子供もそれぞれが一人の人間と理解し尊重しあえる関係性が生まれてくるのです。

 

触れていく自己感覚

瞑想で思考から離れて身体の感覚を感じていると、ふと 子供の頃の映像が思い浮かんできました。

部屋で一人ぼっちでいた時間。回りに誰もいなくて部屋で一人遊びをしている時間。自然と声が出てきます。

「一人ぼっちはイヤ」 「誰か遊んで…」

寂しさが身体の中に広がってきます。

その感覚を今までは思考を始めることで感じないように蓋をしてしました。

 

今はその波動をただ身体で感じ続けます。

「あってもいい」と許していく。

その思いも幻想の私が持っているストーリー。

今までならその感覚を感じることを止めていたり、無理矢理に如何にも受容しているかのように抱き締めて終わらせていました。

 

でも、それすらもせずに眺めていく。ただ過去の記憶と一緒にいる。

私の中の古い傷。私が握りしめていたストーリーの痛み。

それら全てが今あるがままなのだと見ていきます。

 

それは特に身体の丹田の辺りで渦巻いているように感じました。

思考に逃げないように自分を感覚に留めておく。

暫くすると、身体は自然と息をしたくなってきました。

呼吸と共に丹田のエネルギーを吐き出す行為を始めます。そして、新しい空気を吸い身体の中に広げていきます。そしてまた、身体の中から吐き出します。

 

流れていく。落ち着いていく。見守っていく。

 

その寂しさが手放されたのかどうかは分かりません。

ただ「またここにある」と幻想を持ち続けている自分がいることに抵抗は無くなってきたようです。

 

『受け入れる』とは理解することでも無く、身体の反応に任せてそのままにしておくことなのだと体感したように思います。

 

『はばたき21』ワーク参加者さんのお声

3回のワーク、楽しかったです。

(プライベートな内容のため中略)

今日「ジョハリの窓」のワークで、楽しく絵を描いたり写真を切り張りしたりの活動で自分を見つめることができ、「頑張らなくていいんだ」ということに気づきました。

帰りの電車の中では、「頑張りたくないし、家で寝ていようかな」などと考えていました。
(中略)

でも、帰宅して子供の顔を見ると、今日最後に、粘土で子供を作るワークをしたことを思い出しました。
そして「私は子供を二人も産んだんだから、何も怖いことなんてないんだ」と感じました。
(中略)

言葉以外の方法で自分を表現することで、こんなに自分自身の深い部分を見つめることができ、元気になれるんだと気づきました。

新しいことに挑戦する勇気が出てきて、とても嬉しかったです。

また、短い期間でしたが、他の参加者の方々とは、長い知り合いだったような気がしました。
きっとお互いの内面に、触れることができたからなのでしょうね。

またこのような機会がありましたら、参加したいと思います。

どうもありがとうございました。

シフトへの扉

前回ストーリーから抜け出す話を書きました。

以前は、”悟り” や ”目覚め” はゴールの向こう側にあり、そこに達するために自己を磨き自己の傷を癒し自分が抱えている問題を手放した先に輝かしい世界が待っているのだと思っていました。

玉ねぎの皮むきのように一枚一枚剥いていき、いつかは心安らぐ自分になると思っていました。

いつになったら、そこに辿り着けるのか・・・。私はあとどれぐらい掛かるのか・・・。

 

しかし、先日ぼーっと歩いていたら浮かんできたのです。

その望んでいたゴールは無いし目指すものも無いのだと。

そう旅もなければ道もないのです。

私の求めていたものは、私の隣にあったのです。それは隣に扉がある感じ。

ストーリーの終わりとは、その扉をただ開くだけでした。扉はいつでも自分で開くことが出来ます。

そう扉の鍵は『安心する』『リラックスする』『寛ぐ』『信頼する』それだけでした。

だから玉ねぎの皮剥きは必要なく、玉ねぎすら実は無かったのです。

玉ねぎと思っていたのは思考が玉ねぎを作っていただけだから。

 

その扉は私の隣にいつでもあって、いつでも開けて旅を終わらせることが出来ます。

しかし、その『安心する・寛ぐ・委ねる』プロセスが何とも難しいこと・・・。

分かっていても出来ない小さな私がいて、”理解” と ”可能にすること” の狭間に挟まれてもがいている私がいます。

 

ストーリーの終わり、目覚め、シフトとは宇宙の流れにお任せすることだったのですが、完全に出来ない私も今ここに居ます。

時には扉を開けて委ねていたり、時には不安になって幻想の世界をコントロールしようとしたりしています。

今は、そんな不安な自分も受け入れそれすらも宇宙の流れの一つなのだと見ています。

全ての答えは「今に寛ぐ」でした。

 

 

 

10/14 『誰でも出来るゲシュタルトワーク』案内

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

オープンスペースでゲシュタルトワークを定期開催します

ゲシュタルトが初めての方でも気軽に体験ができます。
そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの前田茂則さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

 

【詳細】

■日程:2017年10月14日(土)
■ワーク時間 ;10:00-15:00
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
ご注意;ファシリテータ希望が多い場合は、お一人一日1ワークだけのご提供になります。ご了承ください。