0年 0月 の投稿一覧

そこにまた戻るのかぁ

だいぶんと涼しくなって、少々寒いって感じがする日も出てきました。

私の方は何か静かにしていたい気持ちで、モチベーションも上がらずゆらゆらと暮らしている感じがしています。

 

ここで考えているのは誰なのか?

私なのか、私が居なければ宇宙の起こっている出来事の一つなのか。

 

屁理屈が始まります。

またいつものように分かったかのように思考で理解を並べて、片付けてる感じがしているのです。

 

「ああ…そうか…」と腑に落ちたつもりになっても、そこを味わっていくうちにいつのまにか思考に囚われてて、腑に落ちたつもりのことがまたいつもの思考のグルグル巻きの中に入り込んでいくのです。

 

イメージで例えるとすれば、黒色の事に気付いてそれを理解していくうちに、いつのまにかまた白色になってる感じなんですよね。

 

やっぱり気付いた事を思考で自分に言い聞かせて理解している いつものパターンにハマっています。

 

そんな時に友人から「今のあなたの感覚はどうなの?」と問いかけられました。

自分の内側に触れると、不安感や焦りや言葉にならないモヤモヤ感が浮き上がってきます。

「でも、これは私の感覚じゃないから。私では無いから。」などと強がりを言ってみせます。

「誰の感覚でもいいんだけど、それは今のここで確かに存在していると感覚よね」と友人。

 

私はその言葉で何故か泣けてきました。素直になった涙なのかも知れません。

 

屁理屈で   『在るものを無かったもの にする』のでは無く、『在るものを在るものとして自覚する 』と言うことにまた立ち戻りました。

 

内側で起こっている感覚に敏感になる

外側の出来事や頭にフォーカスせず、お腹の感覚にフォーカスする感じ。

 

非二元などと屁理屈を言う前に自分の内側で起こっている感覚を自覚すると言う、本当に心理療法で言っている基本的なところに辿り着くのです。

個人を味わい体験し尽くし、起こることに従っていく。

 

体験を良いもの悪いものに分けず、そこに在るものを受け入れていく。

結局全ては内側に存在していて、それを自覚して受け止めていく。

感じることでなるものに従っていく。

 

その内側外側の『在るもの』全てが在るものとしてその場を作り出す全体性の流れの中にあると、この瞬間腑に落ちてます。

(この思考はそのまま手放しますね。またグルグル巻きになってしまうので  笑)

 

少しこんな風に感覚が変化してきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その先にあった喪失感

前回からの話で、自分は居ないと云う気付きの話をしたいと思います。

一番最初の体験は自分のエネルギーは全てと一つで繋がっていて、自分と言う個体は自分ではなくて、宇宙の一部でしかないと感じた事。

これは大きな喜びで至福の体験でした。

 

そして、今度は思考の観点からの気づきで「自分を安心させたいから説明を求め納得させる」と分かり、 自己の存在が露わになりました。

納得することに執着せず、分からないままにしておくことで自己から離れることができ、自己はおらず、『意識』だけが宇宙の流れの中にある真の存在だと分かってきました。

私はこれに触れた時に、何故か心の底で喪失感を感じたのです。

自分が死ぬ恐怖とは違い、自分の人生が無くなる喪失感です。

自分の人生はコントロール出来ないと十分に理解しているのにも関わらず、これに気付いた時には土壇場に追いやられた動物のように自分の人生が無くなってしまう恐れや喪失感を感じているのです。

 

「私は居ない」   本などを読んで理解することを憧れていた言葉ですが、ここに来て、その意味が私の身体にのしかかって来た時には抵抗している私がいます。

正しく言えば、その感覚を受け入れれないのと、それを受け入れた時に次元の違う世界に入り込んで平衡感覚を失うようになる感じがしているのです。

 

正直、至福はなく、こんなハズじゃ無かったって感じです。

一体私は何を求めていたのでしょうか。

幸せの青い鳥を求めていたのでしょうか。

『真実』と言いながらも幸せなゴールを求めていたのだろうか。

ここに来て、自分のエゴを見せつけられて苦笑するしかない感じです。

 

自己を満足させるために自己探求が始まり、自己探求はエゴのエネルギーが動力で動いていて、気付いた事でエゴエネルギーがシャットダウンされ自己満足ではなくて自己消失でした   って物語。

 

ストーリーから抜け出す。

でも、慣れ親しんだストーリーの舞台から降りるのは怖いのです。

 

変な話ですね。

そして、その怖さを感じている私は誰?

 

力を入れて握りしめている限り、終わりのない禅問答が行われます。

その力を緩めてえ手放した時に落ち着くのかも知れません。

ちょっと今は、平衡感覚を失ったような重力の違う次元に居る自分と一緒に過ごしている私です。

★★★インフィニティーのお知らせ★★★

■非二元好きの方のお茶会

10/ 21にお茶会をします。

ご興味のあるかたはご参加下さい。

詳細はこちら

非二元の好きな方のお茶会 二回目