0年 0月 の投稿一覧

思考せずに味わっていく

前回のブログで書いたように、思考の中に答えはなく、ただ起こっていることを体験するだけだと気付き、感覚や感情に留まろうとすると、意思に反して思考が湧いて出てくるのです。

感覚や感情を味わっていると、底無しの沼地に足を入れたような踏ん張りが効かない怖さや不安感を感じるのです。

考えていないと生き残れないような不安。
考える事で自分のやり方や理解を深めて存在を認めて安心することを求めている感じ。
考える事で自分を守っている感じ。
考える事で自己の足取りを確認している感じ。
それらの不安から解釈で型取っている自分。
思考が隠し持っている恐れに気付くのです。

しかし、それでも思考は止まらない。
だから、この思考もコントロールできない事と諦めると全てを体験として受け止める事が出来きます。
今はその事すら、この身体を通して起こっている事として体験していくのです。

この季節、散歩をしていると緑が多くなり自然が綺麗で、明るい緑の葉がサワサワと揺らいで光って見えます。

「新緑が出る季節で綺麗だなぁ」と呟く。

そんな時にただ「綺麗だなぁ〜」とだけ言葉にして、その感情や身体にある感覚を味わってみる。
「綺麗だなぁ」「気持ちいいなぁ」「寂しいなぁ」「悲しいなぁ」「嫌だなぁ」 「嬉しいなぁ」「不安だなぁ」「ムカつくなぁ」

それらの感情に触れる言葉だけを取り出して繰り返してみる。
その時に身体の中でうごめく波動を味わってみる。
そうすると体験している自分に触れることが出来るような感じです。

それは今までとは違う新たな扉を開いて、新しい世界を観ているような気がします。

何故だか世界が広がって見えるのです。

 

★★★ ワークショップのお知らせ★★★

インフィニティーとしてワークショップなどの活動をしています。

6/3は『非二元好きの方のお茶会』をします。
ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

 

 

6/17誰でも出来るゲシュタルトワークショップ

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

最近、ゲシュタルト療法の事をテレビで見たとか、漫画で読んで知ったとかで興味を持って頂いている方が多くなりました。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加ください。

オープンスペースでゲシュタルトワークを定期開催しています

ゲシュタルトが初めての方でも気軽に体験ができます。

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの萩原久子さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

【詳細】

■日程:2018年6月17日(日)
■ワーク時間 ;10:00-15:30
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

 

 

体験がそこにあるだけ

非二元論を伝えている中野さんの個人セッションを時々受けています。

先日の個人セッションでも、いつものように私の思考はフル回転して彼に理解できてないことを尋ねます。

最近の私の思考は、〝気付き″ と〝思考″ と〝観念″ はどのように違うのか。って事です。

よく「気付きを持つ」とか、「気付いていく存在」とか言われますが、気付きが起これば思考になります。

それを考えていれば思考が自分の観念へと作られていきます。

「思考しているのは自分では無い」と言うのであれば、そもそも気付くのも自分では無いのでは無いか…。

「気付きの存在になる」と言うが、それすら自分では無いと言うことになるのではないか。

私の頭はグルグルと回ります。

そのことを中野さんに尋ねると、中野さんは「その思考を止めてください。そのように思考する自分を感じてください」とおっしゃいました。

 

思考を止めて感じていると、また思考が走り始めます。「それって、どうゆう事?  思考を止めようとするのも思考じゃないの?」

そうやって頭の中の会話は続きます。思考で思考をこねくり回して、言いがかりをつけるように理論的を知りたいのよ。って踠いてます。

 

だけど、本当に思考しないようにして感じていると恐ろしさが湧き上がってくるのです。

意味のない不安感や恐怖感。足下が救われた感じ。気持ち悪いのです。

だから、また思考で「自分」のバランスを取ろうとしているのです。

思考が自分ではなくて、気付きも自分ではないなら、本当の私は何処にいるのか。

「自分は居ない」と非二元論を掲げながら、私はまだ「真我の自分」と言うものを探しているのです。

ここにいるのはストーリーの自分で、真我の自分が何処かにいると思っているのです。

 

そして、彼は言います「何をやっててもいいんです。何でもいいんです。何もしても正しいや間違いもないんです。だから非二元なんです」と。

いつも聞く言葉なのですが、今回はその言葉を聞いて何がが変わりました。

私が探していたのは「正しい答え」だったのです。

そして、彼はいつものように言います「感じてください」と。

そう、思考の中に答えはなくただ感じていく。
文字や言葉など自分外側に答えはなく、自分の内側だけに知りたかったその先があると言うことが、少し今までよりも腑に落ちてきます。

そして、なにが起こっていても間違いも正しいも無く、何が起こっていてもそのままて、何が起こっていてもそれで良いのだと非二元の根本に気付かされます。

そうすると、「私の気付きは誰か」と追及する事なく起こっていることで、思考も「誰なのか」と追及する事なく起こっていることで、今起こっていることはすべて起こっているだけのことで、ただ体験だけがあるのだと思ったのです。

思考を止めると不安を感じる感覚を体験する。
思考でぐるぐる巻きになってることを体験する。
ここで笑っていることを体験する。
上手くいかないと感じた私を体験する。

 

こんな風に意識が変わると思考の檻が外れるのです。<思考しているこの感覚を体験する。

気付きも思考で何か知る事があるのでは無く、知って成長があるのでも無く、起こっていることを解釈するのでも無く、いや解釈したいなら解釈をすればいいだけであり、すべて宇宙で起こっている流れだけを体験するだけ。

何をしててもOK、やりたい事をただやっていく。それが宇宙の流れだから。

そして、それを体験する。

こんなことを感じるこの頃になってきています。

 

★★★ ワークショップのお知らせ★★★

 

インフィニティーとしてワークショップなどの活動をしています。

6/3は『非二元好きの方のお茶会』をします。
ご興味のある方はこちらをご覧下さい。
http://infinity-sp.com/blog/?p=865<