非二元

身体に沁み込んだ心の痛み

久しぶりにゲシュタルトのワークでクラエイントをしました。

ワークの入り口は身体の痛み。

身体の痛みを観ていくと、どんどん感情が溢れ出してきました。

悲しみ、不安、安全な場所を求めてる…。

その感覚の中に浸っていると幼い頃の映像が思い出されました。

それは母が仕事から戻ってきた足音。

その足音は母から殴られる前の予兆の音。母が仕事から戻り私の顔を見ると、毎晩のように何かに文句を付けて私を殴る日々。

小学生の私は痛みに堪えながら、殴られる嵐が通りすぎるのを待つ。

抵抗をしようものなら殴られる時間が増えるだけ。だから、ひたすら黙って過ぎ去るのを待つ。

この頃に反抗しないことを覚えました。

幼い私の「自分を守る術」でした。

今では自己抑圧は自分を痛め付けている行為だと知って、我慢せずに自分を守る事も覚えてきました。

だけども、身体に受けた痛みは「怖れ」として今も息づいていたのです。

 

私の身体から出てくるザワザワ感は「怖いよー」と声を発します。

「怖いよー…」  恐怖が身体の奥深くにいて、筋肉を固めて恐怖の波動を感じないようにしていました。

あぁ、こんな風に恐れを感じないように止めていたんだ。

 

恐れを持っていることは知ってたけど、思考で片付けて感じないように切り離していたのです。

切り離した自分の感覚が戻ってきた感じです。

子供の頃に体験した恐れは、そんなに簡単には無くならない。

身体の細胞、内蔵の細胞が覚えています。

それが今ここにありました。

虐待を受けた多くの方々は、その「怖いよー」の声を抱えきれずに大人になっても身体が怖れに抵抗しながらその傷に触れないようにしているのではないかと思います。

その自分に触れてあげる。その自分を感じてあげる。居ていいよといってあげる。

怖さを持っていることを認めて、その自分でいる。

その恐れを見ても、決して恐怖で何か起こったりはしない。だから、感覚を止めずに触れてみる。

 

過去の出来事でも、身体には今もここに残っています。それはストーリーではなくて、その自分はリアリティ。だからストーリーにはしない。逃げない。

その自分と向き合い受け止めていく。

 

過去の記憶はストーリー。

ストーリーには巻き込まれずに、まだ拘っていた自分に気づいていく。

そして、身体から出てくる感覚(波動)はリアリティ。

恐れを持っている自分と自己一致していくと、身体の緊張がほどけ心の痛みは和らいで新たな「今」が見えてきます。

そんなことを感じさせてくれたワークでした。

触れていく自己感覚

瞑想で思考から離れて身体の感覚を感じていると、ふと 子供の頃の映像が思い浮かんできました。

部屋で一人ぼっちでいた時間。回りに誰もいなくて部屋で一人遊びをしている時間。自然と声が出てきます。

「一人ぼっちはイヤ」 「誰か遊んで…」

寂しさが身体の中に広がってきます。

その感覚を今までは思考を始めることで感じないように蓋をしてしました。

 

今はその波動をただ身体で感じ続けます。

「あってもいい」と許していく。

その思いも幻想の私が持っているストーリー。

今までならその感覚を感じることを止めていたり、無理矢理に如何にも受容しているかのように抱き締めて終わらせていました。

 

でも、それすらもせずに眺めていく。ただ過去の記憶と一緒にいる。

私の中の古い傷。私が握りしめていたストーリーの痛み。

それら全てが今あるがままなのだと見ていきます。

 

それは特に身体の丹田の辺りで渦巻いているように感じました。

思考に逃げないように自分を感覚に留めておく。

暫くすると、身体は自然と息をしたくなってきました。

呼吸と共に丹田のエネルギーを吐き出す行為を始めます。そして、新しい空気を吸い身体の中に広げていきます。そしてまた、身体の中から吐き出します。

 

流れていく。落ち着いていく。見守っていく。

 

その寂しさが手放されたのかどうかは分かりません。

ただ「またここにある」と幻想を持ち続けている自分がいることに抵抗は無くなってきたようです。

 

『受け入れる』とは理解することでも無く、身体の反応に任せてそのままにしておくことなのだと体感したように思います。

 

シフトへの扉

前回ストーリーから抜け出す話を書きました。

以前は、”悟り” や ”目覚め” はゴールの向こう側にあり、そこに達するために自己を磨き自己の傷を癒し自分が抱えている問題を手放した先に輝かしい世界が待っているのだと思っていました。

玉ねぎの皮むきのように一枚一枚剥いていき、いつかは心安らぐ自分になると思っていました。

いつになったら、そこに辿り着けるのか・・・。私はあとどれぐらい掛かるのか・・・。

 

しかし、先日ぼーっと歩いていたら浮かんできたのです。

その望んでいたゴールは無いし目指すものも無いのだと。

そう旅もなければ道もないのです。

私の求めていたものは、私の隣にあったのです。それは隣に扉がある感じ。

ストーリーの終わりとは、その扉をただ開くだけでした。扉はいつでも自分で開くことが出来ます。

そう扉の鍵は『安心する』『リラックスする』『寛ぐ』『信頼する』それだけでした。

だから玉ねぎの皮剥きは必要なく、玉ねぎすら実は無かったのです。

玉ねぎと思っていたのは思考が玉ねぎを作っていただけだから。

 

その扉は私の隣にいつでもあって、いつでも開けて旅を終わらせることが出来ます。

しかし、その『安心する・寛ぐ・委ねる』プロセスが何とも難しいこと・・・。

分かっていても出来ない小さな私がいて、”理解” と ”可能にすること” の狭間に挟まれてもがいている私がいます。

 

ストーリーの終わり、目覚め、シフトとは宇宙の流れにお任せすることだったのですが、完全に出来ない私も今ここに居ます。

時には扉を開けて委ねていたり、時には不安になって幻想の世界をコントロールしようとしたりしています。

今は、そんな不安な自分も受け入れそれすらも宇宙の流れの一つなのだと見ています。

全ての答えは「今に寛ぐ」でした。

 

 

 

『ストーリーの私』を守っていた思考

フローティングタンクに入りはじめて『思考』のおしゃべりに気付きだしてから、私の中で大きなシフトが起こっています。

思考が忙しく動いているときは、どれほど『ストーリーの自分』を守ることに忙しかったのか。

思考はろくな事を考えていないのに…。

思考は自分のストーリーを守ることをせっせとしています。

何かの意味付けをしたり、自分を安心させるための言い訳をしたり、過去を思い出したり、未来を予想して安全になることを考えたり、人から教えられた価値観を持ち出して照らし合わせたり…。自分を守ることに振り回されて考えが考えを生みだし自分のストーリーの中にまた巻き込まれていくストーリーの私。

思考の中に入り続けていた自分。

それに気づき、そこから抜け出すために自分の身体に意識を向けて、五感で今起こっていることにコンタクトをする。

身体で感じていることがリアリティの『今』なのだと分かり、そして、その身体は何も迷いを持たないのです。

考えても考えても答えのでなかったリアリティの世界は考えの中には無かったのです。

だから、思考で知っているスピリチュアルも前世も魂も哲学も仏陀も全て、幻想ストーリーのお話なんだと気付きました。

魂を信じ精神世界を信じている『ストーリーの私』。

 

考えても学んでも矛盾や答えの行き届かない『目覚め』。

マトリシカのようになってて、どこにゴールがあるのだろうかと迷走する想い。

ぐるぐると回った今、そこには答えがないと知り、そして答えすら無く、あるのは感覚で感じる事だけだったのです。

自分のストーリーから抜け出してみると、違う世界が広がりだしました。

そのお話は、これから追々 綴っていこうと思います。

 

 

クリスタルボウルの音に包まれて

前日、友人のクリスタルボウルヒーリングを受けてきました。

仕事が終わって夜に会場に向かい、気持ちを落ち着けて明かりを消した薄暗い部屋で寝そべって、ゆっくりと友人の奏でるクリスタルボウルの音色に包まれていきます。

クリスタルボウルとは水晶(クリスタル)で作られた桶のような形のものでスティックで鳴らします。

ボウルは7個。 叩くと「ボォ~ン」と云う音が鳴り、ボウルの大きさによって音の高さや質が異なります。

 

クラシックフロステッドボウルボウルを頭の方にして、参加者数名が寝ころがり静かな空気に包まれます。

「ぼぉ~ん・・・」 ボウルの音色が響きます。

また次の音が「ぼぉぉぉん・・・」

音だけではなく、音の波動が伝わっています。

段々と音は重なり倍音になります。

音色は優しく、温かく、強く、色んな音を奏でます。

 

時にはゆっくりと短音で、時にはドシャ降りの雨のように沢山の音が降ってきます。

音は私の鼓膜を通り身体の中で響き、そして波動は私の身体を包み、優しく温かく慈しみの毛布で包んでくれているような安心した感覚になります。

それはボウルの持つヒーリング効果とヒーラーさんのエネルギーが届いているように感じます。

 

暫く音に包まれていると、何か私の身体の奥深くで言葉にはならない 「寂しさ・悲しさ・侘びしさ」そんな感覚の部分に触れました。今まで顔を出さなかった類の穏やかな寂しさや悲しさなのです。

奥の方にそっと仕舞っておいた幼少期の感覚。古すぎてもう感覚の痛みすらない感覚。

その蓋を開けて触れたような感じでした。その感覚を私は包容し穏やかに見て許している感じ。

今までとは何かが違う。「そのままであっていい・・・」を受け入れている。

 

クリスタルボウルの波動が吸い取ってくれているような感じでした。

 

友人(ヒーラー)の在り方、柔らかさ、慈しみ、優しさ全てが波動となって

私を癒してくれる時間でした。

言葉にならない扉がまた一つ開いたような気がします。

『常に安心して道を歩んで行きます』

 

 

 

 

 

沸き上がる寂しい思い

急に自分の中の「寂しい虫」が込めあげてきます。

人に受け入れられて貰えない感じ…

孤独感…     孤立感…    疎外感…

人から見放されている感じ…

仲間が誰もいない独りぼっちな感じ…

自分の無価値感…

 

不要な思考であって幻想の私が作り上げている恐れだと知っていても感情は容赦なしに込み上げてきます。

Face bookの記事を見れば多くの人が生き生きとして生きているように感じ、更に取り残され感が沸き上がり「寂しい虫」が反応します。

 

ストーリーの中の私が疼いている。「それは真実では無い」ともう一人の私が伝えているけれど、エゴの恐れを持っている私はそれを手放すことは出来ないのです。

 

以前はその『孤独感』の恐れを思考で言いくるめて、思考で誤魔化してその感覚に触れないようにしていたのです。

友人と会ったり、メールを書いたり、本を読んだりして感情に触れないように外に気を向けていました。

 

今はこんな私が居ることを赦して、感情のエネルギーを感じていこうと思います。

 

先が見えない孤独感。誰からも認めて貰えない孤独感。仲間がいない孤独感。独りぼっちな孤独感。

全て思考が作り上げた世界で心が嘆いているだけなのに、それすらも真実なのです。

その自分を受け止めるしか成すすべは無いのですね。

 

 

 

 

 

自分の中の中心軸

会社の人間関係の中で特に感じてることなんですが、私は「人からどのように思われているか」を気にしていたなぁと振り返って思うのです。

人の評価を気にして自分が良く見えるように、その人の視点に合わせて自分の軸を外に出していたと思うのです。

人がどのように見るか… や、人の評価、価値観はその人個人の世界感であり、その人の作った世界感で評価のコメントをしているだけなのに、私は人の世界感に影響をされて生きていたのです。

この日々の生活すら幻想のストーリーなのに、更に人が作ったストーリーに振り回されていたとは…。どれだけの幻想ゲームに入り込んでいたのかと思ってしまいます。

私は人からの評価で自己肯定感や自己否定感を生み出し、人に振り回されて落ち込んだり安心したりしていました。

それは、『承認欲求』『親和欲求』 それらのエゴの声に惑わされて恐れを持っていたからなのです。他人に認めて欲しい。誰かと一緒にいたい。自分で自分を認めていないから他人から認めてもらうことに意識が向いていました。

だけど、それは不要だったと知ると自分の軸を取り戻せるようになります。

『自分の中心に戻る』とか『自分を信頼する』とか言いますが、なかなか言葉通りに出来ることではないのだと思います。私は何度も同じ言葉を聴いたけど無理でした(笑)

それは、この宇宙は安心の場なのだと知る事でそこに居れるよな気がします。

誰がどんなストーリーを持って私を見ても、それはその人の自由。そのストーリーの自由を認めて、真実に安心して寛ぐ。

私はそこに今、少し触れ始めて自分の軸を取り戻してきているような感じがしています。

自分軸を取り戻して自分に寛ぐ。自己信頼と穏やかさが そこにはありました。

 

 

うるさい頭の中

フローティングタンクに初めて入ってみました。

フローティングタンクとは、人が一人横たわれるカプセルのようなものの中に塩分濃度の濃いお湯が水深30㎝程度入っているものです。
その中に裸で入ってお湯の中で寝仰向けの状態で浮きます。タンクの中は真っ暗で音も聞こえず、目を開けても閉じても同じ、自分の呼吸の音すらうるさく聞こえるほど静かな空間になります。

身体は完全に浮いていますから、どこにも力が入らず自然な状態です。

私はその静かな空間で90分過ごすコースを体験しました。

一種の瞑想状態になります。自分の内側を見つめ、ゆっくりと静かに自分に触れる時間。
身体は自己治癒力で間接などがペキペキと鳴り出して緩んでるいきます。

その中で静かに過ごすハズでしたが、それがナンと私の頭の中の煩いこと(苦笑)

人は一分間に100語の言葉を話して、頭の中では600語を話すと言います。

その600語の言葉が溢れんばかりに頭の中を駆け巡ります。それも一向に修まらないんです。

いつもは外部の情報に惑わされて気付かなかったのでしょう。私の中はこんなに煩かったとは…。

そして、タンクの中で浮きながら身体を色々と動かし私のお試し行動が始まります。

腕をこのようなポーズにしたらここに負担がかかるとか、腰に力を入れたらどうなるかとか、色んな事の情報を仕入れようとします。

一通り情報を仕入れるとタンクに入っているのが飽きてきます。今度は身体は出たい衝動に駆られます。

どうも私と云う人は、「学習」が無いと時間の無駄だと考えているようです。

『思考から離れて』と思っているのに、思考は学習や学びに重きを置いてそこに価値を持っていたのです。私の思考は効率を求めたり成果を求めたりするようです。

それは私のエゴが成果があることを『良し』としているようで、それが人生のサバイバルを生きていく上で必要だと思っているのでしょうね。反対を言えば、そうでないと安心できなかったのでしょう。

いつも私のエゴはこの世をサバイバルとして戦わなければいけない。自分を守るための戦闘態勢だったのだと思います。

そんな『私』を労り、何も考えなくても安全で安心なのだと自分に教えていく。

「あるまま」を信頼してそのままを見ていく。

毎日瞑想をして心を沈めていたつもりでしたが、全く出来ていない事を知れたのは大きなステップになりました。『静』に留まり、静から出てくる世界を見ていく事を知る。

当面はフローティングタンクにハマりそうです。

静かな時間を味わう状態を感じていこうと思います。

 

不快なことを見つめていく先にあるもの

最近、自分がどれだけジャッジしながら生活をしているか…、と云うことをあらためて感じています。

日々の生活でジャッジする人の言葉を聞くたびに不快な気分になってました。気にしないようにしていても気になります。

うるさく感じますし、聞きたくないって気持ちになったり…。そして、次第に精神的ストレスがたまっているのを感じてました。

それで、「あ~それは私のシャドーなんだろうなぁ」と思い自分の内側を見つめていくと、出てくるわ、出てくるわ、私の中のジャッジマン!

まずは、人に対して「人をジャッジするなんて~っ!」とジャッジしているし、街を歩きながらでも、「あ、あの人の服装変なの~」とか「そんな事しちゃダメでしょ~」とか、「これはいいよね」とか頭の中はジャッジだらけ…。

そして、何よりも自分を「人をジャッジしてるなんてダメな私」とジャッジしているし、「仕事はちゃんとミスなくやらなきゃダメでしょ~」と自分に言ってるし、その自分へのジャッジを「聞きたくない~」って抑圧してるし…。

はい、外側に映し出されていたジャッジする人は私でした。と認めざる終えません(苦笑)

自分がどれだけストレスを自分の中に作りながらストーリーを作っていたのかに気付きました。

そして、そのジャッジストーリーは一人一人異なった世界を作っています。

『私』が作った幻想のストーリーはジャッジすることで安全に生きようとしている気がします。自分のストーリーの世界で他者を批判して自分は大丈夫と優越感を感じたりしています。

面白いことに、私はその人の作った世界のストーリーのジャッジを怖れて他人の目を気にしながら生きていたのです。

私はとても人の目や意見や評価を気にしています。もちろん昔よりは自己を大切にして自己犠牲はしなくなったけれど、まだまだその習性は残ってます。

でも、改めて考えてみたら各個人が個々に作っている幻想のストーリーに影響される私はいかなるものかと。

そうです、私は他人のストーリーに巻き込まれる必要は無かったのです。

また一つエゴのストーリーのからくりに気付きました。

自分のストレスからシャドーに気付かされ、そこからエゴのストーリーを暴き出し、ストーリーの中での生き方が少し楽になる。

本当に不快や痛みはギフトなんですよね。

 

 

身体が教えてくれることのワークを終えて

先日、身体にフォーカスしたワークショップを行いました。

みなさん日頃は身体の状態など感じず目の前にある生活に振り回されて忙しくしています。
そして、病気や身体の痛みよって不都合が生じたり、日常が思うように進まなかったりしています。
その病気や痛みは身体からのメッセージなんだと言うことをワークショップでは取り上げていきました。
身体とは肉体だけでなく、感情のボティーと魂のボティーがあります。肉体(グロスボディー)、感情や思考(サトルボディー)、魂(コーザルボディー)この三つが波動しとて重なりあって私たちの身体を作っています。
身体の痛みや病気は魂のエネルギーと思考や感情のエネルギーが不調を起こしたときに発生します。
ですから、私たちにとっては「今、自分は感情の流を滞らせたり、宇宙の流れに逆らっているんだよ」と言うことを教えてくれているのです。
しかし、通常はこれに耳を傾けず不調を薬で止めてしまったり無理をしてしまったりしています。
ワークでは、それを丁寧に取り出し自分の中の痛みに向き合い、それを認め受け入れます。
実はそれだけでもかなり本人にとっては辛い作業です。
自分では認めたくない、または見ないようにする事で上手くバランスを取っていたつもりの自己抑圧を認めていく作業なのですから。。。

それらの自己感覚を受け入れていく。そして自分の中で起こっている滞りに気付いていくのです。
身体は自分ではありません。自分の持ち物ではあるけれど…。
身体を自分のパートナーとして協調していく。
身体は『ここ』にいるための大切なパートナーなのです。
身体とは『私』と言う幻想から『ワタシ』と言うリアリティを取り戻していくための入り口なのです。
今、この瞬間を感じる音であり、匂いであり、目に飛び込んでくる色や形、そして皮膚に触れている圧力や温度、感覚。
 それら全てが唯一リアリティーなのです。ワタシとは、ただそこに同調してそこに存在している全てです。
それが、身体の痛みや感情に巻き込まれているときにワタシから分離して『私』のストーリーに同一化していることを教えられるのです。
だから痛みを見たときは、分離している自分の幻想に気付く時だと言えるのです。
ワークでは、そこまでお伝えは出来ませんが、まずは、自分のなかを統合していく第一ステップを行いました。

心地よく自分を解放するには、どんな状態でも否定せず非難せず、そこに在ることを認め自分に気付いていく事なのだと思っています。
そこに気付かしてくれるのが身体なのです。
思考を越えて身体からの声に耳を傾けてみてくださいね。