未分類

気づきの深さでセラピーが変わる

先日、表現アートセラピーで『自画像の箱を作る』のワークショップを開催しました。
そのワークショップに参加して下さった方から、大きな気づきを貰いました。

その方はワークの中で、自己の中にあるネガティブな面を受け止めながら、人生の楽しさや豊かさ、今まで生きてきた時間への感謝の気持ちを沢山表現されて、今この瞬間の楽しさを充分に味わって下さいました。

それっていい感じ!

一般的にセラピーと云うと、自分のネガティブな側面にフォーカスしがちで「自分の痛みに向き合う」なんていうイメージになります。
私も実際、10年もセラピーを通して自分の内側を見つめてきましたが、ほとんどが自分の痛みを癒す作業でした。

私たちは過去の記憶を思考で善悪のラベルを貼ってストーリーの中で生きています。

全てがストーリーなのに、なぜにネガティブな事ばかり掘り起こして、自己否定の中に埋没したり、自己の悲しみに目を向けて被害妄想のストーリーに入り込むのでしょうか。

私はセラピーで自分癒しが快感(嗜癖?)になって、そこの部分ばかりをほじくり出してきたように思います。
ワザと自己否定に目を向けてね。

それは、自分の中に痛みがあると信じていた頃は必要だったかも知れません。
しかし、今となると、過去のストーリーは何もなく、今感じている感覚だけが真実だと知ると、個人の痛みに敢えて向き合う事が重要なことでは無いような気がしてきます。

それなら、被害妄想の檻に入らずに『楽しむ感覚』にフォーカスしてもいいんじゃない?って思うですよね。

もちろん、まだまだ個人の世界を握りしめている時はセラピーは必要だと思います。それをする事で癒されて、もっと自分を優しく見てあげることが出来るから。

癒しのレベルが変わる感じでしょうか。

自分の思い込みからの癒しのセラピー から、個人から解放されていくセラピー への変化かな。

セラピーに対することを改めて考えさせてくれたワークの日でした。

自分が空間に変わる時

前回書いた体験の続きで感じた事を書こうと思います。

まだまだ上手く体験を味わい尽くしているわけではないんですが、体験している事を意識していると見ているモノ、聞こえてくる音、匂ってくる香り、これらを体験している一瞬一瞬を感じます。

そうするとふと浮かんできました。

この世界と体験者の繋がりです。

例えば、よく言われている話しで森の中で木を切り倒した時に音はするのか…。

切り倒した時に音はしません。その音を聞く人が居るから音の振動がその人の鼓膜を通して木の倒れる音として初めて聞こえるのです。

そのことが浮かんできました。

じゃー、この今体験している見ているモノ、音、香りは受取手である有機体の私だけでは存在せず、見せているモノや発信している音などがあって初めて成り立つ世界なのだと。

だからこの世界は『体験しているこの有機体』と『発信している存在』によって作られていると理解出来るのです。

主体と客体があって世界は成り立つ…

その事が腑に落ちると、主体と客体一つで私なんだなぁと感じるんですよね。

上手く言えませんが…。

綺麗な色を放っている花も、花 と 私の目 があって初めて成り立つと思うと、花も私なんだと思うのです。

すると今見えている世界は全てが私なんだと感じたのです。
そうやって世界を見ていると、世界が愛おしくて小躍りしたい気分になりました。

どのように説明すればいいのか分かりませんが、この有機体(物体)の身体があって、起こしている存在があってその両方を持ち合わせた空間全てが『全部私として存在している』 感じ。

だから、世界全てが 私 。

そうなると、私の感覚は身体から離れて空間であり、私 = 見えている世界  って感じかな…。

そこがシックリしだすと、大きな安心の中に包まれます。

だって、何もかもが私だから、どこにも敵はいないし自分を守る必要もなくなるから。

以前なら思考で恐れを感じないようにしていたけど、それをしなくてよくて体験する安心感の中にいることが出来ます。

ぜーんぶ私だから、そこに恐れることは無いのだと新しい次元の世界を見た感じです。

言葉にすると屁理屈のようになってしまうけど、それが感覚で私の中に落ちてきのです。
ちょっと、この世界を味わっていこうと思います。

★★★ ワークショップのお知らせ★★★

インフィニティーとしてワークショップなどの活動をしています。

6/3は『非二元好きの方のお茶会』をします。

ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

href=”http://infinity-sp.com/blog/?p=865″>http://infinity-sp.com/blog/?p=865

体験がそこにあるだけ

非二元論を伝えている中野さんの個人セッションを時々受けています。

先日の個人セッションでも、いつものように私の思考はフル回転して彼に理解できてないことを尋ねます。

最近の私の思考は、〝気付き″ と〝思考″ と〝観念″ はどのように違うのか。って事です。

よく「気付きを持つ」とか、「気付いていく存在」とか言われますが、気付きが起これば思考になります。

それを考えていれば思考が自分の観念へと作られていきます。

「思考しているのは自分では無い」と言うのであれば、そもそも気付くのも自分では無いのでは無いか…。

「気付きの存在になる」と言うが、それすら自分では無いと言うことになるのではないか。

私の頭はグルグルと回ります。

そのことを中野さんに尋ねると、中野さんは「その思考を止めてください。そのように思考する自分を感じてください」とおっしゃいました。

 

思考を止めて感じていると、また思考が走り始めます。「それって、どうゆう事?  思考を止めようとするのも思考じゃないの?」

そうやって頭の中の会話は続きます。思考で思考をこねくり回して、言いがかりをつけるように理論的を知りたいのよ。って踠いてます。

 

だけど、本当に思考しないようにして感じていると恐ろしさが湧き上がってくるのです。

意味のない不安感や恐怖感。足下が救われた感じ。気持ち悪いのです。

だから、また思考で「自分」のバランスを取ろうとしているのです。

思考が自分ではなくて、気付きも自分ではないなら、本当の私は何処にいるのか。

「自分は居ない」と非二元論を掲げながら、私はまだ「真我の自分」と言うものを探しているのです。

ここにいるのはストーリーの自分で、真我の自分が何処かにいると思っているのです。

 

そして、彼は言います「何をやっててもいいんです。何でもいいんです。何もしても正しいや間違いもないんです。だから非二元なんです」と。

いつも聞く言葉なのですが、今回はその言葉を聞いて何がが変わりました。

私が探していたのは「正しい答え」だったのです。

そして、彼はいつものように言います「感じてください」と。

そう、思考の中に答えはなくただ感じていく。
文字や言葉など自分外側に答えはなく、自分の内側だけに知りたかったその先があると言うことが、少し今までよりも腑に落ちてきます。

そして、なにが起こっていても間違いも正しいも無く、何が起こっていてもそのままて、何が起こっていてもそれで良いのだと非二元の根本に気付かされます。

そうすると、「私の気付きは誰か」と追及する事なく起こっていることで、思考も「誰なのか」と追及する事なく起こっていることで、今起こっていることはすべて起こっているだけのことで、ただ体験だけがあるのだと思ったのです。

思考を止めると不安を感じる感覚を体験する。
思考でぐるぐる巻きになってることを体験する。
ここで笑っていることを体験する。
上手くいかないと感じた私を体験する。

 

こんな風に意識が変わると思考の檻が外れるのです。<思考しているこの感覚を体験する。

気付きも思考で何か知る事があるのでは無く、知って成長があるのでも無く、起こっていることを解釈するのでも無く、いや解釈したいなら解釈をすればいいだけであり、すべて宇宙で起こっている流れだけを体験するだけ。

何をしててもOK、やりたい事をただやっていく。それが宇宙の流れだから。

そして、それを体験する。

こんなことを感じるこの頃になってきています。

 

★★★ ワークショップのお知らせ★★★

 

インフィニティーとしてワークショップなどの活動をしています。

6/3は『非二元好きの方のお茶会』をします。
ご興味のある方はこちらをご覧下さい。
http://infinity-sp.com/blog/?p=865<

既存概念を外していく『己書』

『己書』って知ってますか?
筆ペンを使って習字のように文字を書くのですが文字の書き順が逆だったり、形が歪んでいたり、大きさがマチマチだったりして通常の書き方と違い、自由に書く書き方をします。
なので、字の如く個人の個性が出る 〝己″の書 なのです。
私のやっている表現アートセラピー同様、個人の個性が表現される そのような部分はとても興味深い点です。
しかし、友人から誘われた時は、私の中に抵抗感が生まれました。
まずは習字は子供の頃に習ったけど全く苦手で数ヶ月で辞めてしまいましたし、しかも、写経のように綺麗に書くのではなくて、書き順も文字の形も自由に勝手に書く感じってやりづらいなぁ。嫌だなぁって。。。
それで、「あーそーか、この抵抗感は私が出来ないからなんだ」と思ったので、逆に殻を破るつもりで挑戦することに。
私はどうしても既存の概念やスタイルに囚われてしまい形通りの事しか出来ない性分なのです。
自分流やアレンジに抵抗があり、それをするのはダメなことだとか上手くいかないと心の深いところで思っているようなのです。
ですから、その既存概念は以前から外していきたいと思っていたのです。
いざ、やってみると、書き終わった作品を見てダメ出しばかりをする私がいました。
文字が下手だ。 筆の使い方が下手だ。文字のバランスが悪い。
本当に、ダメなところしか目に付かない私。
己 が出ている文字なのに、それにひたすらダメ出しする私。
いつも、こんな事を心の中で癖のようにしているんですね。
普段なら自分を労わるように気を付けてるのに、初めの事をするとモロに本性が出てしまいます。
その相変わらずの自分に呆れてしまいます(笑)
そんな私をよそに、先生は「バッチリ!  いい感じ」と褒めて下さり、「己書にダメは無いんです」と私が表現されたものをそのまま認めてくれます。
そうすると、子供の頃から馴れ親しんだ書き順や綺麗な書き方の既成概念を外し、自由な自分流スタイルを書いてて気持ちが良くなってきます。
心が開かれた感じ。自分のエネルギーと一緒に筆を走らせてる感じ。ルールの枠を外して自分を表現する面白さ。
枠から外れて自己流をするとエネルギーが動き出すのを感じます。
この体験を通して既存概念で凝り固まってる観念から自己流を楽しめるようなると面白いなぁと思ってます。
心の在り方から変えるのではなく、経験や行動から心の変化を促すアプローチ。
そんな〝己書″を楽しんでみようと思っています。
とは言え、既存概念を持っていると思っている私もそもそも概念なんですが…(笑)
ともかく、体験してみまーす。

病気からの方向転換

先日、脳ドックを受診してきました。
久しぶりにMRI の機械の中に入り、昔を思い出したました。

昔というのは、ちょうど10年前に私は脳の血管が破裂しかかる病気の『解離性動脈瘤』という病気になりました。
頭痛が酷く病院に行くと、そのまま緊急入院となり医師からは生存率は30%でその中でも後遺症を持たずに復帰できるのは10%の宣告を受けました。そして、そのまま半年間休職する事に。

その時、私はマネージャー職としてスタッフを100人抱えて働いていた時でした。
いつもスーツの鎧を着て、月の半分以上は出張しているような生活でしたから、急に仕事から離脱して自分の居る場所を無くした感覚、しかも会社は私が居なくても動いているショック。
自分の存在価値を失ったような感覚でした。

 

その存在価値の喪失感から逃げるために、代替え案としてカウンセリングを学び会社を退職して独立を考えたのでした。

カウンセリングを学び始めて、練習のためカウンセリングをやり合うのですが、カウンセラー役の人が「その時、どう感じましたか?」と考えではなく、どう感じているのか…を聞かれると自分で分からないのです。
感じてる事が分からない。。

そして、感じたことを言葉にしようとすると涙が溢れてくるのです。

今までは一人で悔し泣きはする事はありましたが、感情を感じで人前で泣く事などなかったので自分でもどうなっているのやら分かりませんでした。
今、思えば鎧を着て心も身体も防御して、自分自身に触れないようにしていたのでしょうね。
だから、病気になって身体の痛みからストップが掛かったのですが。

そして、カウンセリングが進み自分の話をしたり、気持ちを感じて言葉にする事で心が解れていくのを知ったのです。

 

私は今現在、結局そのまま会社に勤務をしており、担当部署が変わり人材育成の仕事に携わっています。
社内の人達を見ていると、一人で苦しんでいる人や身体症状にまで出ている人がいたりします。

サポートしたいと思っても、ご本人がその気持ちにならないと進まない作業ですから、なかなかサポートが出来なく歯痒く感じているところでもあります。

自分の今の状態をただ言葉にするだけでも、気持ちが楽になったりするのになぁ。

ですから、誰もが自分の事を素直に人を話せる場所があればいいなぁと心から思うのです。
そんな思いで『フリートークルーム』を行なったりしています。

私自身のの経験から、まずは誰かに話をしてほしいと思うのです。そして、自分の中にある本心をちょっと覗いてみてほしいのです。
もちろん誰かとは、トレーニングを受けた人ですが。
そこに触れるだけで、気持ちはとても楽になります。

そんな、初心に戻った時間でした。
★★★ワークショップのご案内★★★
インフィニティーとしてワークショップやカウンセリングを開催しています。
こちらをご覧ください。
http://infinity-sp.com/

5/20 WS『自画像の箱を作る』

ゲシュタルト指向 表現アートセラピーワークショップ
◆テーマは『自画像の箱を作る』◆

「自分」と云う名の箱を作りましょう。

外側はどんな色? 内側はどんな色? 箱の底は?

色や写真を使って自分の色んな面を表現してみましょう。

自分の中はどうなっているのかしら?

外側に見せている自分、内側にある自分、コラージュで「自分」と云うタイトルのたった一つだけの箱を作りましょう。

■日時:2018年5月20日(日)10:00-16:00

■場所:東京都墨田区 『Big Ship』 東京都墨田区本所1丁目13番4号

■参加費:8,000 円
———————————————-

→申込・お問い合わせ

【インフィニティーのワークショップ】

インフィニティーではゲシュタルトセラピーや表現アートセラピーを取り入れた独自のワークショップを行っています。

表現アートセラピーとは、自分の感じている感覚を色や絵や雑誌の写真を貼ったりして表現していきます。自分の「何となく・・・」の感覚を表現したものを通して自己理解に繋がっていきます。絵の上手い下手は関係ありません。感じたままに色を塗るだけでいいのです。

そして、ゲシュタルトセラピーとは「今ここ」で起こっていることにフォーカスする体験型のセラピーです。丁寧に自分の感覚に寄り添うことで、自分の中から気付きが起きて自分の生きやすい方向へと向かっていきます。

忙しい毎日の思考から離れて、感覚に触れてみて下さい。自分の本当の声が聴こえてきます。

 

ファシリテーターとしての存在

先日、テレビで歌を聴いて感動して涙が出てきました。
それは素人の高校生が歌っていて、審査員とカラオケマシンで採点をしていたのですが、審査員すら涙を流しながら彼女の歌に聴き惚れていました。

彼女の唄声は心を包むように優しく、そして力強さもあり私の心に染み込んできました。
審査員のコメントが、彼女は審査されていることを意識せず自分のために歌っている。歌に歌い手の生き方が出ていて、とても力強さと優しさがあった。と云うような事を言ってました。

審査員の「彼女は自分のために唄っている」の言葉が心に残り、自分のファシリテーターとしての在り方と重なりました。
そう、人と向き合うファシリテーターは他者を癒してあげようとか、サポートしようとか思う必要はないのだと改めて思ったのです。
ファシリテーターは自分は自分のことをする。
クライエントと向き合っていても、自分の感覚にフォーカスして自分の内側を感じていく。
自分軸を持ち、自分としてそこに存在する大切さ。

全ての人が自分で前に進む力を持っています。
その人と向き合った時にファシリテーターが『自分』でいる事で、関係性の中でクライエントは自己信頼や自己回復力を取り戻すのです。
その事を彼女の歌を通して改めて感じたのです。

私はファシリテーターとしてスキルアップの練習をしていますが、そのトレーニングはスキルを上げるのではなく、ファシリテーターと云う立場から自分を見つめ、そして自分軸を持ってクライエントの前に立つ人としての学びなのだと思いました。

私 「上谷和美」と云う人であり、その私がワークの場に存在することで、私との関係性の中でクライエントが自分で成長をしていく。

この場の瞬間に「上谷和美」として存在すること。

私は存在しないが、私として存在する。
自己はおらず、存在がある。
存在することの意義。
彼女の歌を聴いて感動して涙が溢れた感覚は、そこに何か確かな存在があり、存在意義を思うのです。そこに在ると言う事の価値を。
ストーリーの中で、自分を生きる価値や意義を感じています。

ゲシュタルトワークの魅力

先日、テレビ放映でゲシュタルト療法で体験談が紹介されたせいか、ゲシュタルトワークショップに興味を持っていただく方が増えたように感じます。

 

クライエントになってワークしている時は、そこには居ないハズの人が本当に居るように思えたり、声が聞こえたり、あたかもその場にいるように感じワークを通して自分の中で何が起こっているのか客観的に視る事が出来ます。
そして、自分の中から自然と改善する答えが出てきます。

 

私も先日、久しぶりにワークをしました。
話のテーマは『直属の上司が私との会話で不機嫌になると、不安になり相手のご機嫌をとってしまう事』

相手の感情は自分の責任では無いと分かっていながら、ご機嫌斜めになると隣に座っているから、仕事をしてても気になってしょうがない。
私の意識は完全に上司のご機嫌にフォーカスされてしまいます。
皆さんは、他人のご機嫌で振り回される事ありませんか?
ワークを開始して、まずは『自分の外側で起こっている出来事の座布団』を置きました。
そして、その座布団から少し離れて横並びに『私の座布団』を置きました。

外側の出来事(上司が私が原因で不機嫌になる)が発生すると、私の座布団に向かってビームのような光線が発射されます。
その光線がこう言ってます。
「機嫌が悪いんだから、どうにかしなさい!」

その光線の動きを、もう一つの座布団で表してみます。そうすると光線の座布団は、その言葉と一緒にわたしの座布団の上に覆い尽くしました。
そして、私の気持ちは上司のご機嫌を取らなきゃならない使命感に駆られるのです。

試しに、そのビーム光線の座布団を『出来事の座布団』と『私の座布団』の間に置いて座布団の上に座ってみます。

 

座って見ると出てきた言葉は「良い子でいなさい」、「あなたが悪いんだから我慢しなさい」「好かれる子になりなさい」そんな言葉でした。

それは子供の頃に聞いていた母からの言葉です。

私は無意識に母の観念や母の言葉に操作されて、社会生活で生きづらさを作っていたのです。
愕然としました。母の観念は私にこれほどまでに影響をしていたとは・・・。

その教えを手放す作業をしてワークは終了しました。

 

たぶん、これからは同じような事が起こって、不安感情を抱いても母の呪縛から離れて自分に教えてあげる事が出来ると思います。

これは、一つの生きづらさを手放せた瞬間だと思います。
私は過去に教えられた観念でストーリーを作り上げて出来事を見ていたのです。
その上司は私が母から植え付けられた観念を教えてくれました。

 

ワークをして自分の起こっていることに気づき、気づいたら手離せてストーリーから離れることが出来ます。
全ては幻想と知っていても、無意識の中に擦り込まれた観念はストーリーの世界を作り上げ身体や心が反応しています。
それを、見破るのがゲシュタルトです。

是非、ゲシュタルトワークを経験してみてくださいね。
ゲシュタルトは自分に優しく、自分のストーリーに気づくステキなワークです。

 

★★★ワークショップご案内★★★
ゲシュタルトワークショップを定期的に行なっています。
ご興味のある方はご参加下さいね、

『誰でも出来るゲシュタルトワーク』
●2/24 10:00-15:30
●4/28. 10:00-15:30

詳しくはこちらへ

4/28 誰でも出来るゲシュタルトワーク

4/28 誰でも出来るゲシュタルトワーク

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

最近、ゲシュタルト療法の事をテレビで見たとか、漫画で読んで知ったとかで興味を持って頂いている方が多くなりました。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加ください。

オープンスペースでゲシュタルトワークを定期開催しています

ゲシュタルトが初めての方でも気軽に体験ができます。

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

スーパーバイザーとしてGNJの前田茂則さんに場のサポートをして頂きます。ファシリテータをした方は、ワーク終了後にフィードバックをしてもらえます。

【詳細】

■日程:2018年4月28日(土)
■ワーク時間 ;10:00-15:30
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 2000円
■定員;10名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

 

 

先の不安を解消するには。

「あ〜、寝れない…」と、夜中に目が覚めて考え事が始まりました。

問題の種は間もなく行うワークショップの事です。

これからのワークショップは新しいスタイルを築いていこうと決めてました。

でも、そのスタイルがまだ分かっていなく、やりながら自然に出来てくるかな…ってお任せ思考で動いてました。

でも、やっぱり不安で、どうやって構成しようかなどと考えて夜中に寝れなくなる始末…。

あれやこれやと考えている時に、ふと思いました。「なんでこんなに先の事を考えてるんだろう」

「あぁそうか、私は上手くやりたいと思ってるんだなぁ。何か失敗と言うものがあって、その形になる事を恐れて不安になってるんだなぁ。」

 

私と言う人間が、先のことを心配して上手くやろうしているのに気づきます。

「そんな先の想像をしているけど、それって必要か? しかも、この夜中に未来を想像してどうするの?」
そんなもう一人の自分からの突っ込みが入ります(笑)

それをするより、今の不安な自分・上手くやりたいと思っている自分と一緒に居ることにしました。

そうすると、気持ちは落ち着き自分の内側に問いかける事が出来ます。

今回のワークショップのテーマで私自身が思っていること何か?
ワークショップの場で提供したい事は何か?

問いかけると、ワークショップの場を作る意味が湧き上がってきます。
何か形を作ったり提供する事が目的ではなく、その場があり、その場にいる人が自分なりに自己の内側に向かう事を促すのだと言うこと。
私はそこにいて、参加者が安心して個々の内側に触れれるようにするだけ、参加者のプロセスを信頼するのだと自分の意思がクリアになってきます。

ワークショップ自体の流れを作ったり、上手くやろうとしたりして予定調和を作ろうとするのは私の不安からくるもので、宇宙を信頼していないことだったのだと気付くのです。

 

その事に気づくと大きな安心感が生まれます。
ワークショップのスタイルは作れていないけど、その場に起こった事を信頼すれば全て、その場に必要なことが起こる事だと知るのです。
それが、参加者さんに必要なプロセスなのだと信頼出来ます。
この気づきは、何よりも大きな私自身への答えでした。

 

先が不安になり思い悩んだりする事はよくあると思います。
でも、自分の視点を問題対処に向けず、その状況になっている今の自分の内側に向けてみる事が一番大切ですね。
問題対処よりも納得できる答えが見つかってくると思います。
全ては今のこの時に解決の方法がありますよね。