未分類

「ドラマ」と「気づき」の世界のバランス

こんにちは。梅雨に入りましたね。

今日は梅雨らしいシトシト雨が朝から降っていて、自宅で雨の音を聞きながらゆったりと過ごしてます。

コロナ自粛解除後、生活が動き出し外出したり人に会ったり、仕事も加速したりと慌ただしくなり自分自身の意識も外側を向いていることが多くなってきました。

そうすると、また『個人の自分』と云うドラマに占領されている事に気づきます。

様々な感情が上がってきて気持ちが揺さぶられ、在りもしない「私」の枠組みでどうにかしようとしている事に気づきます。

そんな時、今日のように静かに一人でいる時間をとって、自分とゆっくりと触れ合っていきます。

 

起こっている感情を排除せずに感情に触れていく。

そして、その感情の渦を抱えて我慢している自分に気づき、その個の自分を労ってあげる。

優しく自分を認めてあげると個の自分にスペースが出来てくるように感じます。

 

自分に優しく接して、起こることに任せていく。

委ねていく。空け渡していく。

そうすると、それがただ起こってるだけなのだと気づくことが出来ます。

宇宙に委ねてそこにいる事が出来るようになります。

 

身体があれば体験があり記憶があり、思考が起こり感情が生まれ感情のエネルギーに揺れ動くのは当たり前の事で無くなりはしません。

もし、これが揺らぎもせず不動である方が不自然になります。

いつも全ては揺れ動いていて、揺れながらバランスを取っているのが自然の摂理なんだと思います。

舟が波に揺られて左右に揺れながらバランスを取っていくように、宇宙は左右に揺れながらバランスを取っているのだと思うのです。

 

だから揺れたら自分にゆっくり触れる時間を作り、自分に優しく触れて起こるに任せていく。

 

委ねる時間を取る事でドラマの世界から気づきの今在るありのままの世界に戻ることができます。

そうする事で両方をバランスを持って生きていけるように思います。

 

★★★お知らせ★★★

ありのままの自分に気づく個人セッションやワークショップを行っています。

個人セッションはZoomでも受け付けています。

自己探究に興味がある方、

それから私は最近、子供を虐待してしまう加害者側のお母さんに心が揺れます。

子供を愛したいのに上手く愛せないお母さん。

一人で苦しまず「個」の自分の痛みを癒してあげて下さいね。

詳しくはこちらまで

http://infinity-sp.com/

 

 

 

 

 

9/6 誰でも出来るゲシュタルトワーク SV day

ゲシュタルトファシリテータースキルを上げたい人&ゲシュタルト好きな方集まれ〜!

ゲシュタルトセラピーのファシリテーターのためのワークショップです。

『誰でも出来るゲシュタルトワーク』でファシリテーターのトレーニングdayです。

色んなところでゲシュタルトを学んだ方が更にワークする場所や、そして、ファリシテーターとして経験をする学びの場が欲しくて作りました。

ゲシュタルト好きが集まって、みんなでトレーニングしましょう。

9月のスーパーバイザーは渡辺トヨ子さん(GNJ所属SV)です。

CFOスタイルで進めます。

一本ずつのワークが終わった後にファシリテーター初め、みんなで自分の気づきをシェアし合います。人の数だけファリシリテーターのスタイルがあります。それぞれが自分の持ち味を生かしながら自分のスタイルを作っていく場です。

ファシリテーター実施者は3名。希望者が多い場合は一日の初めにジャンケンで決めます。

【詳細】

■日時: 9/6(日) 10:00-17:00

■場所:東京墨田区ビックシップ 2F和室

■参加者資格:ファシリテーターはトレーニング修了者

ワーカー及び参加者は心理療法を学んでいる方、ゲシュタルトワークショップ参加3回以上の方

■参加費:5,000円 /ファシリテーター追加3,000円

■定員:6名

■お申込み:HPからお申し込み下さい

http://infinity-sp.com/mail.html

8/2 誰でも出来るゲシュタルトワーク

★★★ゲシュタルトに興味のある方・
   ゲシュタルトをもっと学びたい方集まれ~!★★★

 

新型コロナウイルス後、人と人が触れ合うワークショップがやりづらくなってきましたね。

それでも、やっぱり人が直接触れ合うことはオンラインでは掴むことのできない呼吸の深さや心の動きやエネルギーがあり、かけがえの無い時間だと思います。

感染防止対策をして、定員数を減らして安全に気を付けながら開催しますね。

 

コロナ渦で今までと違う価値観を抱いたり、従来の自分と違う側面に気付いたりと変化を感じている方は多いと思います。

ゲシュタルトセラピーで自分の内側に丁寧に触れ、今起こっている新しい自分の生きる力を引き出してみてください。ゲシュタルトセラピーは自分に気づき、生きる力を自分で見出していくセラピーです。

興味を持った方、初めての方も是非ご参加くださいね。

ゲシュタルトセラピーワークが初めての方でも気軽に体験ができます。

 

そして、ゲシュタルトを学んでアドバンスコースを修了している方は、更にファシリを参加者に提供していただくことが出来ます。

この場は一般参加のクライエントとワーク提供のファシリテーター、お申込みいただいた全ての参加者さんで作っていきます
ゲシュタルトをしたい全ての方が、色んなスタイルで体験できるオープンな場のワークショップです。

【詳細】

■日程:2020年8月2日(日)
■ワーク時間 ;10:00-16:00

ファシリテーターをした方は17:00終了
※途中退席も出入り自由です。ご都合の良い時間だけお越しください。
■参加費 ;3000円 / ファシリの練習をした方 追加 500円
■定員;7名

■場所:東京墨田区Big Ship 2F和室
■主宰者;インフィニティー 上谷和美
ちるどれん 鈴木明美
■お申込み方法;一般参加 または ファシリテーター希望 をご記入ください。
ファシリを希望される方はアドバンス修了者とします。トレーニング時間をご記入下さい。
インフィニティーHPの申し込みから申し込みしてください。

お申し込みはこちらから

http://infinity-sp.com/mail.html

 

 

 

 

7/4 誰でも出来るゲシュタルトワーク SVday

6月からゲシュタルトワーク再開!

ゲシュタルトファシリテータースキルを上げたい人&ゲシュタルト好きな方集まれ〜!

ゲシュタルトセラピーのファシリテーターのためのワークショップです。

新型コロナウイルスの自粛解除後、少しずつ日常が取り戻されてきてワークショップも感染防止をしながら少人数で始めたいと思っています。

4月、5月と中止になり、6月から再開です。

 

『誰でも出来るゲシュタルトワーク』でファシリテーターのトレーニングdayです。

色んなところでゲシュタルトを学んだ方が更にワークする場所や、そして、ファリシテーターとして経験をする学びの場が欲しくて作りました。

ゲシュタルト好きが集まって、みんなでトレーニングしましょう。

7月のスーパーバイザーは前田茂則さん(GNJ所属SV)です。

 

CFOスタイルで進めます。

一本ずつのワークが終わった後にファシリテーター初め、みんなで自分の気づきをシェアし合います。人の数だけファリシリテーターのスタイルがあります。それぞれが自分の持ち味を生かしながら自分のスタイルを作っていく場です。

ファシリテーター実施者は3名。希望者が多い場合は一日の初めにジャンケンで決めます。

 

【詳細】

■日時: 7/4(土)    10:00-17:00

■場所:東京墨田区ビックシップ 2F和室

■参加者資格:ファシリテーターはトレーニング修了者

ワーカー及び参加者は心理療法を学んでいる方、ゲシュタルトワークショップ参加3回以上の方

■参加費:5,000円 /ファシリテーター追加3,000円

■定員:6名

■お申込み:HPからお申し込み下さい

http://infinity-sp.com/mail.html

HPリニューアルしました

こんにちは。

各地で自粛が解除され人の動きが多くなってきましたね。私もオフィスへの通勤が始まりいつもの人通りの感覚が戻ってきています。

これからは新しい習慣を取り入れながら安全を確保して日常を送っていくんだなぁと実感しています。

さて、今日は私のHPリニューアルのご案内です。

6/1にリニューアルしました。

 

以前のページは3年前に私が活動をスタートした時に作ったのですが、3年が経過していく中で少しずつ私がフォーカスしていきたい事が明確になり、今回のリニューアルとなりました。

私がこの一年、とても気に掛かり出したのが虐待をしてしまうお母さんたちでした。

ニュースで児童虐待が報じられ、そのニュースを見て明日は我が身かも…と怯える人も多くいらっしゃると思うのです。被害者の保護はあっても加害者へのサポートが少ないと感じてました。

私はそんな方達に心が痛み、そのような問題をお持ちの方に心が非常に揺れ動きます。

これは、私にとってとても大切な問題であり痛みであり、私が自分を癒していかなければならない問題だとも思うのです。だからこそ、そのような方々に向けてのメッセージを送りたくなったのです。

 

特にこの二か月間の自粛中、静かに自分の内側に触れているとその思いが強くなり「オンラインを使って私にできることはないか」と云う思考が湧いてきました。

自分が『社会に対して表現したい事』として思いが湧いてきた感じです。

最近、ブログで書いているように自分は宇宙の流れの一つで思考も自然に発生する一つで、私という人はおらずしても『私』という個体を使って宇宙は表現をしていると思うと、この今ここにある感覚を止めずに感じたままやってみようと思い、今回のリューアルに至りました。

非二元的思考を持って、それに従って今を生きていくことを大切にした結果の新たな一歩となりました。

そう考えるとこのコロナの自粛は私の内側が大きく動いた時間でもありました。

 

子供を叩いてしまうお母さんだけでなく、ご自分の探究を深めている方も引き続き受付けています。

これからもよろしくお願いします。

インフィニティーのHPはこちらからどうぞ。

http://infinity-sp.com/

 

 

 

 

 

コントロール出来ない感情

こんにちは。私のブログにようこそ。

最近、自分という存在はただ宇宙の流れが作り出した一つの現れで、思考も感情も同じようにただの現れで、それらを体験して気付いていく意識があるだけなのだと自分の理解が深まってきています。

そして、この肉体の記憶が傷(恐れ)を作り、それが投影してドラマを作り出していると理解してきています。

この理解は私のプロセスの中での理解なので皆さんと異なっているかも知れませんが…。

この頃、気づきの意識が本来の在りようなのだと分かりながらも、無性に私の個人的感情が騒ついて孤独感や自己否定感が湧き上がってきます。

その起こってきた感情は昔作った古傷が投影されて、そのような感情を生み出す思考がドラマを作っているのですが、それに気付きながらも、この感情は治まらないのです。

 

今私は、それを止める事もWhy?と追及することもせず、その心地悪さと一緒にいるようにしています。

ともすると、その感情に巻き込まれそうになったりする中、時々、溺れて水から顔を出して息が出来るような感じで、その感情と気づきの距離が保たれ安心してその感情を眺めることが出来ていたりして、揺れ動きながら、この身体の中にある孤独感と一緒にいます。

不思議なものですね、個人の概念を見破り、自分という個人はおらず意識だけが今あるものを体験していると分かりながらも、個人の概念の孤独感や疎外感はもの凄い勢いで今に襲いかかってくるのです。

自我が消失されることへの抵抗なんでしょうか。自我は「私は…」と主張してきますが、その在りようもコントロールせずに起こるに任せる時間を過ごしています。

ドラマを作り出している私と気づきの意識である私は本当にピッタリとくっつき合ったコインの裏表であり、体験しているこの時間はコインを立ててクルクルと回っている状態で一つの世界を作り上げているように思えます。

ようは、泥臭く落ち込んだり悩んだりするのも今あるがままでコントロール出来ないって事。

むやみにコントロールして、どうにかしようとせずにそれも今ある自然な事だと諦めて受け入れる事が今を生きることなんでしょうね。

今のあなたは悩んでいても、苦しんでいても、それはただ昔の古傷がそのように見せているだけだから、抵抗せずにその痛みのあるご自分の感覚と一緒にいてあげて欲しいなと伝えたくなりました。

それが、古傷を持った個の自分を癒してあげる事になるんですよね。癒しが統合へと進みドラマを作る投影は形を変えていくのだと思います。

 

★★★お知らせ★★★

個人セッションを対面やZoomで行っています。

今ある感覚に触れていくことを一緒にやっていきましょう。

また、ワークショップを開催しています。

詳しくはHPをご覧下さいね。

http://infinity-sp.com/

 

 

「夢」から覚めて『今』にいる

こんにちは。

新型コロナウイルスもそろそろ終息し少しずつですが、以前と違うながらも日常生活を取り戻せそうな兆しが見えてきましたね。

この変化の時に新たな活動を見つけたり、新たな自分の変化に触れたりしている人が多いようです。

私もこの約二ヶ月、不思議と気づきが深まり変化を感じており、自己探究として答えを求めていた非二元的思考も私なりに腑に落ちるところに来ているように思います。

それは、非二元を素晴らしい世界で憧れの世界として捉えていたけど、実はそれはとてもシンプルでタネを明かせば夢から覚める程度の事だったって事です。

夢から覚めるって言うのは、何かを理解すれば非二元の世界に達するのでは無く、私たちは常に非二元の「あるだけ」の中にいて、思考がドラマを作り上げて「夢」を見ていたって事です。

夢から覚めて、そんなことに気づいています。

夢から覚めてみると残るのは体験者と気づきだけでした。私個人もおらず、私の周りの環境もただそのように在るだけで、時間の概念もなく、宇宙のエネルギーの現れがそこに立ち上がっているだけ、それを五感で気づいていく。ここにあるのは体験者と気づきの意識だけだと分かります。

全てが「ただ在る」今、思考も感情も音も風も心地良さも心地悪さも悲しみも悔しみも痛みも感触も見えているものも、全部が自然に起こっているんだなぁと思います。

私の身体も自然の一つで気づきに意識を向けると、この身体も宇宙を作る全体の一つなのだと感じます。

そして、そんなシンプルさに止まることができず、様々なドラマを作り複雑化しているのは、この身体には生物学的に「記憶する」と云う機能が備わっているからです。

この記憶が二元の世界を作り出すのです。

生物学上、この肉体には身体を守るための防衛本能や他者よりも優位になって生き残ろうとする闘争本能があります。

だから非二元の世界にいながら、私たちの身体の中では記憶が二元の世界を作り出しているのです。

これがドラマです。

そして、これすらも自然に起こっている「あるがまま」なのだと思います。

だからどちらの世界も在る。人間として肉体を持って体験している限り、どちらかに一方になるのは無理なんだと思うのです。

人間としての二元の世界も「在る」世界。

そして、それは全て在っていいと云う非二元の中に抱腹された二元の世界。

ここでパラドックスは起こっていきます。

まぁ、なんとなく分かってきたのは、全部今まで通りこのままであっていいって事。

そして安心してここに居るってこと。

思うのは、この身体の感覚が心地良いとか面白そうとか、楽しいとかを感じれることをただ楽しんでやっていく。

もちろん、嫌なこと、辛いと思うこと、腹立たしいこともお天気のように自然と湧き上がりますが、それも自然に湧き上がってくるドラマだと見抜いて、ドラマの世界を味わっていくことで、それを受け入れていくこと。これが自然でいる事なんだと思います。

目の前の人間的な二元をただ楽しんでいく。それが非二元のありのままの世界にいる事なんだと思うのです。

だから起こっている感情は怖がらずに受け止めていい。

目の前の出来事は、宇宙の自然な流れでただ起こっているから否定しなくていい。

もし今、不安な気持ちが湧き上がっていたら、それを感じながらも全て宇宙の自然の一部だから安心していていい。と伝えたいと思ったのです。

Don’t think, Don’t judge, Not control

こんにちは。私のブログにようこそ。

 

新型コロナウイルスで外出自粛の中、GWに突入しましたね。こんな年に限ってGWはとてもお天気が良く初夏のような陽気です。

コロナ影響で生活に与えるダメージや自粛生活で思う事は人それぞれあると思いますが、それは多くの人がテーマにしていることなので今日は、私はその事に触れず自分の今に起こっている事を呟いてみたいと思います。

 

今年の年明け早々1/2に遡るのですが、ふと湧いてきた言葉が

『Don’t think , Don’t judge, Not control(考えない、ジャッジしない、コントロールしない)』と云う言葉でした。

その時はそれなりに「ああ…そうか」と思い、自分なりにそれを意識して、『考えない、人をジャッジ(評価)しない、人をコントロールしない』という事を意識して生活を始めてみました。

無意識に人を批判してコメントをしていたり、人をコントロールしたりしている自分に気付く事もあり、それらの言葉は生活をするのに大切な言葉として私の中にありました。

しかし、それを続けているうちに自分が自分をジャッジしたりコントロールしている事に気付いたのです。「あっ、また人のことをジャッジした。駄目だめジャッジしては…」みたいに。

これって、自分の事を考えたり、ジャッジしたり、コントロールしてないか?  あれれ…?

『考えない、ジャッジしない、コントロールしない』の言葉は他人だけでは無く私に対してもそうだったのではないかと思い始めたのです。

そうすると、ややこしくなるのが他人をジャッジしている自分をジャッジせずコントロールしないって事??  う〜ん、、ジャッジしている自分を責めずにそのままにしておくって事??

そのままジャッジする私でもいいワケ??

 

またまた合わせ鏡のようにグルグル思考に入り込んで、結局は元に戻ってしまうような状態に陥ったのです。

非二元的な在り方を思考で理解しようとすると、そんなことがいつも起こり、結局答えのないグルグル思考で理解出来ずに終わってしまうのです。

私のエゴは「理解したい、答えを突き止めたい」と自分の到達点を見つけようとしていたのです。

 

そんな時、ふと、そのグルグル巻きの思考から抜け出す事ができました。

それは『考えもせず、ジャッジもせず、コントロールもせず、そうなっている事にただ気付く事』気付きの視点を持つだけだと云う答えの糸口が見つかったのです。

なんて簡単な事なんでしょうか。

 

他人も自分も誰も何もかも、批判もコントロールもせずにただそうなっている在りように気付くだけで良かったのだと自然と腑に落ちたのです。

人を批判する思考が湧き起こればそれに気づき、悲しみが湧き起こればそれに気づき、風の音が聞こえてばそれに気づき、怒りの感情が湧けばそれに気づき、それらは自分でコントロールするのではなく、ただ自然に起こっていることを気づくだけ、それ以外何も無いと思えたのです。

 

「ただ起こっている事に気づく」と云う言葉は本で何度も読んでいましたが、自分の内側から答えが見えてくると思考とは違う理解ができ、その事だったんだーと体験から言葉を意味を知ること事が出来ました。

今年の初めに降ってきた言葉は4ヶ月の時間を経て、やっと一つの体験を与えてくれたように思います。

 

『Don’t think , Don’t judge, Not control』

自分にただ気づいていくだけでいい…。

 

★★★お知らせ★★★

インフィニティーではワークショップや個人カウンセリングを行なっております。

こんなご時世なので、オンラインで個人セッションをしております。

残念ながら、ワークショップは最近開催予定は5月末まで中止となりました。

 

今までと生活が変わり、様々なストレスを抱えていらっしゃると思います。不安になったり、自分を責めたり、どうしていいか分からなくなったりする事もあると思います。そんな時はご連絡下さい。

あなたはあなたのままで十分に今を安全に生きる事ができる力を持っているのですから、それを一緒に探しましょう。

ご連絡はインフィニティーHPより下さい。

http://infinity-sp.com/

 

 

新型コロナウイルスで謙虚になること

こんにちは。

私のプログにようこそ。

日ごとにCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染が拡大し日本も欧米のように外出規制が厳しくなってきましたね。

自宅にいるように、人との距離を保つように、集団では集まらないように、と。

私の仕事もテレワークになり自宅でゆっくりと仕事をしていますし、週末のワークショップなどの予定も全て中止となりスケジュールが白紙の状態になっていて、私としてはこんなに予定が無いことなど経験した事が無く、とてもゆったりとした気持ちで生活しています。

「自粛」と言われているのを「自祝」と書かれている方がいらっしゃり、なんとなく私の気持ちとしては自祝がしっくりしている感じがします。

感染された方や亡くなられた方がいらっしゃることを思うと大変に不適切な言葉ですが。。

 

でも、このような状態になったからこそ、立ち止まり考えさせられる事が沢山あります。

今までは忙しさのあまり外側ばかりに焦点を当てて生活していた時間が、今は自分の内側に焦点を当てるゆとりがあり時間の流れが変わりました。

人との社会的距離を取るように物理的に言われていますが、これも人と近づきすぎず依存せず自分個人の自律性をみる事ができる時間だと思います。

そして、何よりこの状況への『恐れ』は人それぞれに異なって浮き上がってきています。

お金の恐れ、感染の恐れ、生命に対する恐れ、愛する人を失うかもしれない恐れ、仕事が無くなる恐れ、未来への想像は個人ごとに違った恐れを色濃くしていき、報道は毎日どのように乗り切るのかを蹇々諤々と伝えています。

これらを観ていて、私は宇宙の流れに対して抵抗しているように感じます。

この問題の対策を評価したり、日々の行動をコメントしたりして、起こっている事について意見を言うのはとても古い殻の中に入っているようで、私はもう終わりにする時代が来ているように思うのです。

宇宙は私たちに何かを教えてくれていて、それを抵抗せず起こる事を受け入れて、それを受け取っている自分は今は何を感じているのか。

ただ、自分の内側で起こっていることを観察して宇宙の流れと共にいる事が大切なように思います。

 

そして、今自分がする事をする。

想像の世界の恐怖に巻き込まれない。

愛する人たちを守るために不必要な外出はしない。

マスクや手洗いなどを丁寧にする。

この自然の流れと共にいる。

 

それをただ行なっていく先に何か変化があるような気がします。

実質的な行動の変化はすでに起こっているし、新しい事も始まっています。

それ以上に社会の意識変化もあるように思うし、個人の意識変化も起こるように思います。

それは宇宙が今起こるべくして起こる、必要なことが起こるのだろうと見守っている感じです。

 

今起こっていることを謙虚に受け止め、そんな変化のスタートを見ている私がいます。

そして、皆様どうか安全に健康にお過ごし下さいね。一人ひとりお互いに思いやる気持ちが感染拡大を防いでいくように思います。

 

★★★セッションのお知らせ★★★

インフィニティーでは、自粛要請期間のフリートークルームはオンラインで行なっております。

ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。

http://infinity-sp.com/freetalk.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スエットロッジの祈り

こんにちはー。私のブログにお越しくださりありがとうございます。

とても久しぶりのアップです。

先日、ネイティブインディアンの儀式の一つのスエットロッジに入ってきました。

今は自粛ムードでそんなイベントに参加しても良いのかと言われそうですが、山奥に籠もって感染拡大には注意を払いながら進めると言うことで参加してきました。

スエットロッジとは、「汗の小屋」と言われるもので小さなドームの中に参加者12名ぐらいが入り、その中に真っ赤に熱した石を全部で30個以上入れて水を掛けスチームサウナのような状態にしていきます。その中に夜中11時頃から明け方4時まで入っています。

真っ暗闇で異常な暑さの中が、身体と心と魂の浄化をし、祈りを捧げる場所になります。そして、この小屋は子宮にも例えられ「生まれ変わりの儀式」とも言われます。

 

私はスエットに入ったのは今回で2回目ですが、スエットから出た後の気持ちの清々しさや素直な自分に返っている感じ、そしてふと自分の内側から湧き起こるメッセージを受け取ったりする事があり、本当に身体と心と魂の浄化がある感じで好きな儀式なんです。

今回、スエットから出て一眠りした後に受け取ったメッセージがあります。

 

それは、「どんな環境も一緒。そこにどんな自分でいるかが大切」って言葉です。

 

私はスエットに入った時に祈りを捧げてました。

「私の行くべき方向を示して下さい」と。

決して今の環境は嫌ではないけれど、もっと仕事も違うことが出来るのではないか。もっと自分に合った何かを見つけれるのではないかと、今後の展開に期待や変化を求めていたのです。

 

そして、その答えが翌朝のメッセージだったのです。

とても、腑に落ちて納得してしまいました。

 

どんな環境にいても、私自身が自分と繋がっていなければ同じなんだと言われのです。

反対を言えば私が私自身であれば、どんな状況や場所や環境でもいいことで、その状況はいつも自然な宇宙の流れの中にいると言われたように思います。

 

何かを求めるのではなくて、今あるこの状況に自分の素直な感覚で受け止めていく。そこに触れている自分の感覚を感じて生きていく。

そんな事を受け取った今回のスエットロッジでした。

私の祈りが通じたのでしょうか。(笑)

どんどんシンプルになっていく感じがしています。