未分類

中野真作さんのリトリートで変化する味わい方

こんにちは。

先日、また恒例の中野真作さんの東京開催リトリートに参加してきたので、その時の感じた事を書こうと思います。

 

この数回、連続して参加していて「いい加減参加もどうかなぁ」と思うところですが、やっぱり中野温泉のエネルギーに浸かりたくて今回も参加してきました。(^^)

 

回数を重ねるごとに自分の理解が深まっているのか受け止め方が変わってきています。

今までは中野さんの言葉から目覚めるためのヒントを貰おうと言葉を拾って理解をしようとしていました。

でも、今回は中野さんの言葉を拾うのではなく、自分の内側に上がってくる感覚を味わって自分と一緒にいる感じがしていました。

中野さんの言葉に頼らず、自分の感覚への信頼が出来たきたように思います。

 

言葉を聞き流しながら、その場に起こる感覚や事象を味わい自分の身体から沸き起こる事を信頼する。それが今、必要な気づきだと安心している感じです。

 

そこに居ながら感じたのは、

この場で起こっている 〈出来事 〉や 〈考え方 〉や 〈在り方 〉の全てがそのままで在って良くて、良い思いも悪い思いも無くて、ただ存在している状態で、私のこの感覚すらも今ある状態の一部だと言うこと。

そして、その感覚が続いていく、それが今を作っている全ての構成要素なのだという事を深く味わっていたように思います。

 

「感情も考えも自分の内側にあるのではなく外側にあるもの。その事に気付いている」と中野さんが仰られたのを聴いて、その言葉を味わっていると私の感覚は何も無い感じになり、存在だけがある感じで自分の存在が『気づきの意識体』のように感じられました。そして、存在を許されている安心感を味わってました。

 

今まで何度も中野さんの同じ話を聞いてます。でも、言葉を追いかけなくなった時に、身体に沁みわたるように理解が深まり、自分の感覚と絡み合い今までとは違う安心感や理解の深さがあったように思います。

 

また一味違った中野さんのリトリート時間となりました。

 

 

 

 

第3回目の非二元好きな方のお茶会をしました

先日『非二元好きな方のお茶会 3回目』を開催しました。

 

お茶会なので、その日のお集まり頂いた方々の話の流れでどんな話になるのか分かりません。特にテーマも決めず、そこで沸き起こった話がその場に必要なお話しとして流れにお任せする感じで進んでいきます。

 

今回、ご参加頂いた方は至高体験をされた方ばかりでしたので、話の流れは至高体験後の生き方や非二元を自分なりにどのように生活に取り入れているかと云うような流れになりました。

 

お話をしていると「非二元」の視点は人それぞれ受け止め方が違うんだなぁと感じます。

そして、それであっていい感じがします。

その人なりの非二元のストーリーを受け入れて、その視点を持って生き方を作っていく。

 

その生き方が心地よく「今」に存在していることが貴重なのだと思うのです。

その生き方の『今』をシェアをする時間となりました。

 

幻想と言われている目の前に繰り広げられている現象を受け入れ、身体の中で起こっている感覚も受け入れ今を生きる。

切り離された「個」の恐れを感じながらも、大いなる存在の一部である事への信頼とその確信に触れたときに「愛」が溢れ出る感覚。

「愛が溢れ出て堪らない」と教えてくださったのは参加者さんのお言葉です。私はまだその感覚が分からないのですが。(笑)

 

非二元のストーリーは人によって様々な視点があるとも思います。私にとっての視点はストーリーの真実ではなく、在り方の知恵のように思うのです。

そして それが、今生きる心地良さに繋がると思うのです。

 

また、お茶会はやりたいと思っています。

今度はどんなお話が繰り広げられるのか、皆さんと非二元を取り入れた生き方を語り合うのが楽しみです。

 

★★★お知らせ★★★

インフィニティーとしてカウンセリングやワークショップ活動をしています。

ご興味のある方はこちらまで

http://infinity-sp.com/

 

 

 

 

 

 

 

静かな時間を過ごす

こんにちは。寒くなったり少し日差しが暖かく感じたりの繰り返しですね。

最近、休日は予定を入れずに散歩をしていることが多いです。

私は会社員なので平日はフルタイムで働いていますが、以前は土日になると毎週のようにワークショップを入れていたものでした。

少しでも何かを知りたいとか、自分をもっと探りたいとか自分の中にある傷を癒したいとか、新しい経験をしたい、そんな思いで色んな種類のワークショップに参加していたものでした。

 

でも、最近はワークショップに参加して何かを学ぶよりもゆっくりと自分の内側を感じる時間を作ったほうが大切なように感じて予定もなくブラブラと赴くままに散歩をしている週末が多くなりました。

あんまり考えずに、皮膚から内側の感覚に意識を向けて自分の中で起こっていることに気づいていく一人ワークをしています。

考え事をしている時は考え事をしていることに気づく。気持ちの動きに気づく。身体の感覚に気づく。

考えないワークです。(笑)

 

でも、先日朝起きてその日もスケジュールなく、布団の中でボーとしていたら、その日はミョーに不安が湧いてきたのです。

不安が湧くと言うより、胸の奥がザワザワと疼く感じ。

それは、言葉にすると「何も予定が無くブラブラしているだけでいいのか」と成果を上げていない自分への不安感や、友人と全く関わっていない取り残された不安感だったりしています。

その不安感って不要だと理解しているのに、身体ではザワザワと心地悪さがあるんですよねー。

それらに気付くと、自分が今までそれらの不安から逃げるために沢山のワーク時間で時間を費やして紛らわしていたことに気づかされました。

 

それらの感情は私の個人的なエゴのエネルギーと分かりながら、でもこの体の中で発生してあるエネルギーとして受容していく時間。

まったりと休日の朝に布団の中でまたまた一人ワークです。

今はそんな熟成期間なのだと思って過ごしています。

 

何もせず静かに内側を空けていく大切な時間。ただ流れに乗って満たされていく事を信頼する。

私のワークが変化してきています。

 

★★★お知らせ★★★

インフィニティーでは非二元好きな方のお茶会をします。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

案内はこちら

第3回目 非二元好きの方のお茶会

 

 

 

 

 

 

 

 

思考を外すと見えてきたものは

こんにちは。今年の冬もあと少しの感じがします。梅の花の咲き出して、家の近くの隅田川沿いには赤や白の梅が綺麗です。

先日、また音楽療法のモニターをしたのですが、それが私にとっては貴重な体験となりました。

それは、思考の屁理屈を外して、今ある身体の内側の感覚に意識を向けて感じるままにしておくと、身体の中から自然と自己受容が湧いてくるような体験でした。

その体験は思考では生み出せない安心感で、自己一致した安心感もあり、それが許されている存在の安心感であり、自分という個人の次元を離れているような感じがしています。

 

ブログでこの体験を書こうと思うのですが、言葉にすると薄っぺら言葉になってしまい、上手く書けなくて結局ずっとウズウズしています。

 

この言葉には出来ない体験を通して今、私の感覚に残っているのは、

思考の枠を超えたところに本当の安心や受容があること。

思考から離れた時に、私は個人のストーリーから離れて一つの個性ある存在になること。

思考を外し、抵抗を外した時に次元は変わり、そこにある存在の全てがただ有るものとして受け入れて流れていくという安心感を味わえると言うこと。

今は、その体験をこんな風にしか書けない感じです。

 

探していたものは思考の中にはなかった。

探していたものは思考の枠を外した時に心で感じさせてくれるものでした。

 

★★★お知らせ★★★

 

インフィニティーでは『非二元好きな方のお茶会』を行います。

ご興味のある方はこちらをご覧下さい。

第3回目 非二元好きの方のお茶会

 

 

 

 

 

心地いい時間

今日は風もなくて暖かく、気持ちいいお散歩日和です。

自宅の近くには隅田川が流れていて、隅田川沿いをずーと歩くことができます。

その隅田川の堤防をのんびりと歩く休日の時間。

 

最近、平日の仕事も出張が続き、休日も予定がありと慌ただしくしていたから、こんなのんびりとした時間が嬉しく思います。

 

私のお決まりのコースは約6km、川沿いを歩きながら遊んでる家族や野球をしている子供達や景色を見ながらゆっくり歩く。

忙しい毎日は、意識が外側ばかりを見ていて時間を追われてToDo リストを片付けていくような時間を過ごしています。誰かが「時間泥棒にあっている」言ってたなぁ。

 

でも、今日みたいな日に自分に触れることを思い出します。

時間に追われるのでは無くて、時間を味わうことを。

 

今の時間を味わう。時と共にいる。

自分の内側に触れながら、外側にも気付きながら、自分と一緒にいる時間。

なんて、豊かな時間なんだろうと思います。

深呼吸をして、顔を上げて身体の感覚を感じながら自分の内側の空間に触れていく。

 

日常の中でも自分の内側に触れる時間をもっと意識していきたいなぁと思うのです。

 

✴︎✴︎✴︎お知らせ✴︎✴︎✴︎

インフィニティーでは、第3回目の非二元好きの方のお茶会をします。

ご興味のある方は是非お越し下さい。

詳細はこちら

第3回目 非二元好きの方のお茶会

 

魂と魂が触れ合っていく

こんにちは、この週末の三連休に私がやっているゲシュタルト療法のファリシテーター集会があり参加してきました。

 

ゲシュタルト療法は、その人の在りようを信頼してその人がその人らしく生きていく事をサポートしていく療法です。

自分の感覚に気づいていく事をするだけでクライエントは自ら問題解決へと進んでいく事が出来ます。

 

そのファシリテーターの学びの中で、とても貴重なそして豊かな体験をしました。

それは、カウンセラーとしてクライエントに向き合うのではなく、一人の人間として向き合う大切さです。

 

カウンセリングの場では、どうしてもクライエントと向き合うのはカウンセラーとしてだったり、セラピストだったりと癒し手のマインドを持ってしまいがちです。

でも、今回体験したのは癒し手ではなく、一人の人として自分に正直にクライエントと一緒にいる事。クライエントをジャッジせずありのままの在りようを一緒に感じ取り自分の中で起こっている事を正直に伝える事。

クライエントを癒すのではなく、クライエントの内側で起こる事を信頼してその場に一緒にいる事という事でした。

 

ファシリテーターとは癒し手ではなく、カウンセラーでも無く、クライエントが自分の内側に気づいていくことをサポートする人という事です。

 

その事を胸にファシリテーターとしてクライエントに向き合うった時、私は目の前にいる人が真摯に自分に向き合っている姿の美しさに感動して涙が止まりませんでした。

今までも多くの人と向き合ってきましたが、こんな風に感動に震えることは初めての体験です。

私も正直にその場にいて、クライエントも正直にその場にいて自分の感覚に触れていく。お互いが剥き身になって美しい魂となり、その魂のふれあいのように感じたのです。

その静かなる魂と触れ合いの中でクライエントの内側から自然と変化が起こり、自ら新たな方向を見つけ出していきました。

言葉の無い、静かな時間の豊かさ。

 

相手を信じ、自分を信じ、その場を信じる。

その時に共鳴する力。

その魂同士の触れ合いが、サポートになっていく事を体験しました。

 

人は全ての人が自分で生きる力を持っている。自分と起こってくるその場を信頼する。

信頼できない自分が出てきたら、その不安感や脆さも正直に気づいていく。

 

それは、結局 非二元のストーリーの中でも言われている事なんですよね。

全て起こっている事に気付いていく、受け入れていく、脆い自分の感覚を許していく、何も排除するものは無く、全てが在る事気づいていく。そして、その場に居る。

 

その入り口をゲシュタルト療法を使って触れることが出来るんだろうと思います。

愛を持って正直でありたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年を振り返ってみると。

2018年もあと数日で終わります。

今年はどんな事があったのだろうかと振り返ると、私の意識の視点が大きく変わった年だと思います。
自己探求と言いながら何かのゴールを目指して「自分は居ない」と言う目覚めを得るために、自分の満足を満たす探求をしていた自分。
それも自分を見つめるためには大切な旅をしてきたのだと思います。
しかし、その旅も実は自分を満足させるストーリーなのだと気付き、そのストーリーは不要なのだと分かり探求は終わりました。
それを経験した一年でした。
目覚めへの探求が終わると思考から離れる事が出来て、理解するのではなくて経験する事に感覚が移行します。
目覚めや悟りはストーリーの一部でしか無くて、今の私には如何に体験に気づいていくか。が、大切になってきました。
今、身体はどんな感覚になっているのか、感情の波動はどうなっているのか、この身体は何を経験しているのか、今何が起こっているのだろうか。
その事だけに興味をもって自分と言う存在を見ています。
だけど、面白い事に思考はそこに留まらず妄想や過去や未来を作り出し、体験とは一緒にいない事が多いのです。
その事にも気付きながら、私の体験や思考を味わっている感覚になっています。
勿論、時々ストーリーに嵌り込んで気持ちが振り回されている時もありますが(笑)
それも、そんな状態の私です。
そう思うと、この一年は少し迷路から抜け出たような感じがしています。
来年もそう言いながら、考えたり感じたり気付いたりした事をツラツラと綴り、何か皆様と触れ合う事を楽しんでいきたいと思っています。
今年一年、ありがとうございました。

第3回目 非二元好きの方のお茶会

第3回目の非二元好きの方のお茶会を開催します。

非二元やノンデュアル好きな方が集まって普段出来ないお話をしましょう!

自分の日々感じていることや、自己体験、多くのものを通りして学んでいる事、目覚めていく学びの体験など、お互いの目覚めの探求をシェアし合いましょう。

シェアする事で自分の中にある目覚める力が深まっていく場です。

 

ゆったりお茶をしながら、皆んなで語り合いましょう。

■日時 : 2/24(日) 13:00-16:00

■場所 : 東京都墨田区ビックシップ 2階和室

■参加費 : 1500円

■お申し込み先 : インフィニティー 上谷和美  http://infinity-sp.com/mail.html

 

インナーチャイルドの癒しは必要?

こんにちは。

いよいよ寒くなってきました。年末になってきましたね。

 

今日は「感情」をテーマにもう少し深めて書いてみようと思います。

 

ネガティブ感情が出てきた時、インナーチャイルドを癒すと云う言葉をよく使っています。

私もインナーチャイルドを癒すワークを沢山行ってきました。

今思うと、インナーチャイルドを癒すという事に違和感を感じています。

 

そもそもインナーチャイルド自体、存在しないのに自分の中にそのような偶像を作り上げて本来の自分と分離させている事や、インナーチャイルドを癒すと称して自分に素直になる事を誤魔化していると思うようになりました。

それが、更に分離の世界を作り出しているように思うのです。

 

イメージの世界を作って自分が感じている感覚を具現化してストーリーの上塗りをしている感じ。

そうすると感情を受け止める時もズレが出ていたように私は思います。

 

「インナーチャイルドの感情を癒す」と言っていた時は、インナーチャイルドの感情を受け止めるのではなくてインナーチャイルドが傷として持っている状況を理解して、「だから私は寂しかったんだな」って感じで自分の内側の出来事を理解して終わっていたように思います。

根幹の感情を受け止め、感情に寄り添う事までしていなかったのです。

理解することは単に知るだけで、傍観している感じ。

寄り添うことは存在を受け止める事。

 

理解は結局必要なく、感情を素直に受け止めるだけで良かったのだと今更ながら気付いたりしました。

 

インナーチャイルドと言っている事は、過去の幻想から作られたイメージの世界が強化され、今感じている感覚から離れ理論で誤魔化かされていくように思うのです。

 

感情を受け止める事を自分に許す事が出来るようになるとインナーチャイルドの概念も不要になるようです。

 

 

誰でも出来るゲシュタルト 百武正嗣 スーパーバイズday

『誰でも出来るゲシュタルトワーク』スーパーバイズday

スーパーバイザー  百武正嗣氏❗️

 

毎月の誰ゲシュが特別企画でスーパーバイズdayを2日間開催します。

 

世界で活躍の百武正嗣氏がスーパーバイズをしてくれます。

百武さんのスーパーバイズはファシリテーターとしてのスキルだけでなく、ファシリテーターとしての在り方や関わり方を体験を通して教えてくれます。

とても学び深い2日間になるのは間違いなし!

ファシリテーターを目指している方は是非体験してみてください。

クライエントで参加する方も、百武さんのいつものワークとは一味違うワークや指導する百武さんを体験できる事でしょう。

 

《詳細》

●日程  :2019 . 3/9-10  の2日間

●時間  :10:00-17:00 (両日)

●場所  :タワーホール船堀 http://towerhall.jp/sp/access/

●参加費  2日間  :ファシリテーター希望   35,000円  / クライエント希望 30,000円

●申込先  :http://infinity-sp.com/mail.html

●定員  :ファシリテーター 8名/ クライエント 6名